ニュース

2020年03月11日
大久保純一郎教授の最終講義が開催されました。

心理学部心理学科 大久保純一郎教授の退職記念となる最終講義「人間発達とこころの問題」が、3月10日に本学奈良・学園前キャンパス16号館にて開催され、本学教職員や卒業生、大学院生が参加しました。

大久保教授は平成11年に帝塚山短期大学に着任され、その後、帝塚山大学短期大学部を経て、心理学部(旧・心理福祉学部)及び大学院心理科学研究科博士課程において教育及び研究に邁進され、後進の育成にも尽力されました。

講義では、大久保教授の学生時代、勤務先(臨床現場)、大学での研究履歴の紹介に続き、専門分野である行動理論、学習理論、こころの問題について解説されました。講義終了後には、大学後援会やこころのケアセンターから大久保教授へ豪華な花束が贈呈され、長年の功績を称えて大きな拍手が送られました。

蓮花学長からの紹介

大久保先生の講義

教職員、卒業生等が多数参加

奥村学部長からの花束贈呈