• HOME
  • ニュース一覧
  • 【私立大学研究ブランディング事業】帝塚山大学 織物講座修了式(研究編・初級編)を開催しました。

ニュース

2020年01月29日
【私立大学研究ブランディング事業】帝塚山大学 織物講座修了式(研究編・初級編)を開催しました。

1月22日(水)に研究編第一期生、1月28日(火)に初級編第三期生の修了式を奈良・学園前キャンパスで実施しました。

19_kenkyu3.JPG本講座は、織物の歴史や複数の織物技術の習得を通じて、奈良の地域振興の活性化に貢献する人材を育成することを目的に、研究編は令和元年6月から令和2年1月、初級編は10月から1月のそれぞれ3ヶ月間、社会人の学び直しの一環として開講しました。講義、実習と合わせて120時間の講座を修了すると、文部科学省 学校教育法105条の規定による履修証明書が発行されるというものです。

各修了式で、学長の挨拶の後、研究編では5名、初級編では7名の修了生に修了証が手渡され、講師の植村和代先生(帝塚山大学名誉教授)から修了生に対する激励のコメントがありました。

20_syokyu1.JPGのサムネール画像

また、初級編の修了式後には、先生と受講生を交えた作品の品評会を行いました。受講生一人ひとりが作品に込めた思いと感想を発表し、3ヶ月間にわたる苦労と達成感を皆でわかちあいました。

修了証の授与

植村先生の講評

研究編修了者

初級編修了者