• HOME
  • ニュース一覧
  • 【公開講座】2019年4月設置 教育学部こども教育学科開設記念 こども学講座「新しい教育のシステムと乳幼児への保育・教育」を開催しました

ニュース

2018年11月05日
【公開講座】2019年4月設置 教育学部こども教育学科開設記念 こども学講座「新しい教育のシステムと乳幼児への保育・教育」を開催しました

帝塚山大学では、現代生活学部子育て支援センター「まつぼっくり」による地域貢献・支援事業の一環として、「こども学講座」を毎年開催しています。

今回の「こども学講座」は、来年4月に設置する教育学部こども教育学科開設記念として、10月20日(土)、18号館4階大講義室にて保育者を対象に実施しました。蓮花学長によるオープニング挨拶に続き、教育学部長に就任予定の勝美現代生活学部長から、教育学部こども教育学科の特色や教育内容、人材養成などについての説明が行われました。

引き続き、教育学部教授に就任予定の清水益治現代生活学部こども学科教授(専門:認知心理学・保育心理学)が、保育所保育指針・幼稚園教育要領・幼保連携型認定こども園の施行に伴い必要となった新たな内容について理解を深めて頂くことを目的に、「新しい教育のシステムと乳幼児への保育・教育」と題して、グループワークを伴う講演を行いました。

地域の保育所・幼稚園・認定こども園に勤務される先生方や、こども学科を卒業後、保育の現場で活躍する卒業生を合わせて約50人の方々に参加いただき、講演終了後には活発な質疑応答が行われました。

 

 

 

蓮花学長によるオープニング挨拶

勝美学部長による新学部の説明

清水教授 講演の様子

講演終了後の質疑応答