ニュース

2018年09月28日
9月卒業式を挙行しました

 

IMG_3251.JPG

9月27日(水)、平成30年度帝塚山大学9月卒業式を奈良・東生駒キャンパス「まほろば」で挙行し、5学部1研究科の合計14人が学び舎を巣立ちました。

 

蓮花一己学長が卒業生と修了生一人ひとりに卒業証書と学位記を授与し、続く式辞では、夏目漱石の「前後を切断せよ。みだりに過去に執着するなかれ、いたずらに将来に望みを属するなかれ、満身の力をこめて現在に働け」という言葉を紹介。「この漱石の言葉の意味は、過去をうじうじと振り返ったり、”何とかなるさ”と将来に対して向こう見ずな望みを持つのではなくて、今を大事にして努力しなさいということ」と説き、後悔の念にとらわれずに今できる最善を尽くしてほしいと卒業生と修了生にはなむけの言葉を贈りました。

会場では、教職員に祝福の言葉をかけられ、ともに記念写真を撮る卒業生の姿が見られました。思い出話は尽きないようで、恩師と談笑する光景がいつまでも続きました。

卒業証書を受け取る卒業生

卒業生の門出を祝い、皆で記念撮影