• HOME
  • ニュース一覧
  • シニア向け公開講座「高齢期の過ごしやすい毎日を目指して」を開催しました

ニュース

2018年07月31日
シニア向け公開講座「高齢期の過ごしやすい毎日を目指して」を開催しました

7月26日(木)、シニアやそのご家族を対象とした公開講座「高齢期の過ごしやすい毎日を目指して」を奈良・学園前キャンパスで開催し、22名の方が参加されました。本学心理学部 学部長で臨床心理士の奥村 由美子 教授が講師を務め、身体機能と心理学な側面の両方から、加齢に伴い心身の後退から起こる高齢期の様々な事象について紹介しました。

現代日本における長寿社会の現状について、従来の「平均寿命」と健康上の問題がなく日常生活を普通に送れる状態にある「健康寿命」の違いについて触れ、心身ともに健康な状態を保ち、健康長寿をめざすことの重要性について解説がありました。また、老年期を健やかに過ごすために効果的と言われている「回想法」についても説明を行い、過去の思い出話を家族で共有することで、認知症高齢者や家族の精神的健康がケアできると強調しました。

受講生の方からは、

「身近な具体例を多く取り入れた内容だったので分かりやすかった」

「高齢期の対処法について、理論に基づいて理解が深まり、参考になった」

という感想をいただきました。

受講いただいた皆さま、ありがとうございました。

講演の様子

質疑応答する奥村先生