• HOME
  • ニュース一覧
  • 【産学連携】奈良県中小企業家同友会と学生による報告会が開催されました。

ニュース

2017年12月13日
【産学連携】奈良県中小企業家同友会と学生による報告会が開催されました。

奈良・東生駒キャンパスにおいて、12月12日(火)、奈良県中小企業家同友会と本学学生による報告会を行いました。

本学は地域社会の発展への寄与を目的に、平成25年7月、「奈良県中小企業家同友会と産学地域連携基本協定」を締結しました。この報告会は同協定に基づき実施するもので、本学が所属する北和支部の12月例会として開催しました。5度目の開催となる今回は、加盟企業、本学学生、教員など総勢約100名が参加しました。

今回の例会のテーマは「学生から見た中小企業の姿とは?」です。

菅万希子学長補佐の開会挨拶に続き、本学の学生2組4名から「中小企業と経済」と「中小企業のイメージ(学生へのアンケート調査結果より)」について報告。中小企業の魅力や課題、大企業との違い、企業規模、職場の雰囲気、仕事のやりがいなどについて、調査結果をもとに発表を行いました。

次に、参加者はグループに分かれて、「本日の報告から見出した課題」というテーマで討論を行いました。実際に社会で活躍する経営者と学生が直接話す機会は貴重であり、経営者からの質問へ熱心に答える学生の真剣な姿が随所で見られ、各グループで熱い議論が繰り広げられました。

その後、約2時間半にわたる熱い報告会は、奈良県中小企業家同友会北和支部 幹事長 野村 佳之 氏より閉会の挨拶で締めくくられました。

本学は、今後も学生の成長がサポートできるような産学連携の取組みを積極的に進めていきます。

 

菅先生の挨拶

学生発表

各テーブルでの討論

全体風景