• HOME
  • ニュース一覧
  • 【奈良学】大和郡山城の金箔瓦の寄贈式・歴史フォーラムを開催

ニュース

2016年02月09日
【奈良学】大和郡山城の金箔瓦の寄贈式・歴史フォーラムを開催

帝塚山大学考古学研究所と奈良県瓦センター株式会社は、大和郡山市の協力を得て、郡山城天守台の発掘調査で発見された瓦の一部分を、完全な姿の金箔瓦として共同で再現しました。

完成した金箔瓦を広く公開するため、大和郡山市及び郡山城史跡・柳澤文庫保存会に寄贈する運びとなり、2月6日(土)にやまと郡山城ホールにて寄贈式を挙行いたしました。

寄贈式の後には大和郡山市教育委員会と共催で第19回こおりやま歴史フォーラム「きらめく瓦 かがやく城-金箔瓦と豊臣郡山城-」を開催し、300名の方にご来場いただきました(写真)

p01_kawara20160206.jpg

詳しくはこちらの考古学研究所ニュースをご覧ください。

また、本プロジェクトの一環で、本学附属博物館では2月8日から復元した金箔瓦や同館所蔵の金箔瓦のミニ展示「金箔瓦展」を開催しております。
この機会に、輝く金箔瓦の姿をぜひご覧ください。

◇関連リンク
 【奈良学】大和郡山城の金箔瓦を再現しました
 【高校生対象】郡山城金箔瓦復元体験講座「郡山城の瓦をつくる」参加受付中