• HOME
  • ニュース一覧
  • 「帝塚山大学オリジナルTシャツ」で快走 地域のマラソン大会に学生・教職員が出場

ニュース

2014年03月19日
「帝塚山大学オリジナルTシャツ」で快走 地域のマラソン大会に学生・教職員が出場

【トピックス使用】20130315.jpg

2月11日、鴻池陸上競技場で「奈良市民マラソン」が開催され、帝塚山大学からも学生や教職員が参加しました。

昨年までは、5kmコースでしたが、 本年度から競技場の周回コースを足した8kmのコースで行われました。20代の部では、現代生活学部食物栄養学科3年井尻さんと経営学部2年北山君が6位に、法学部3年岡村君が7位に入賞しました。

また、3月15日には、橿原公苑特設コースで「奈良RUN×2マラソン2014」が開催されました。42.195kmを全員で協力してタスキを引き継いで完走しました(写真)。さらに翌16日も、奈良県浄化センター公園で「第7回大和ふれあいリレーマラソン」が開催されました。浄化センター公園内周回コース(2km)を3時間でリレーして走り切りました。

学生たちは12月の「奈良マラソン」にあわせて制作した大学オリジナルTシャツを着て出場(詳細はこちら)。学生からは「4月からマラソン完走を目指して走ってきましたが、どの大会も完走した喜びを味わうことができました。」という笑顔の感想が聞かれました。

奈良市民マラソン大会の様子

大和ふれあいリレーマラソンの様子