• HOME
  • ニュース一覧
  • 法学部 奈良県警察本部長が講演 「警察組織と警察実務」講義で

ニュース

2013年11月05日
法学部 奈良県警察本部長が講演 「警察組織と警察実務」講義で

【トピックス使用】DSC_0269.JPG

10月26日(金)、法学部が開講している「警察組織と警察実務」において、奈良県警察の原山進本部長をお招きし、ご講義いただきました。

現在法学部では、「警察官」という職業に力を入れた教育活動を展開しており、カリキュラムの充実も進めています。この「警察組織と警察実務」も、奈良県警察の協力を得て実現した科目で、学生にとって単なる採用試験対策ではなく、キャリア意識の形成とともに人間的な成長を実現できる内容が組み込まれ、大変魅力あるものとなっています。

今回の講義で講師を務められた原山本部長は、奈良県警察の組織や奈良県の犯罪事情をはじめ、各部署が取り扱う警察業務の内容や安心・安全な街づくりを推進するための取組について、自身のご経験に基づきながら、大変丁寧に説明いただきました。

スーツに身をかためた学生が集まる教室は緊張感にあふれていました。講義の後、学生は犯罪件数が減少した理由や地域活動を広めていく工夫、「メロディパトロール」などについて、積極的に質問を行っていました。また、警察官になった理由や駐在所での業務における心構えなど、本部長ご自身に対する質問もあり、警察官をめざす学生たちの情熱が伝わってきました。

本講座は、奈良県警察の各部署から現職警察官をお招きし、奈良県の犯罪情勢や奈良県警察の活動についてご講義いただきます。最終回は奈良県警察学校の見学も予定されています。

講演を行う原山進奈良県警察本部長

学生からは多くの質問が出ました