• HOME
  • ニュース一覧
  • カリキュラム改革をいかに進めるか~FDフォーラムを開催しました

ニュース

2013年10月28日
カリキュラム改革をいかに進めるか~FDフォーラムを開催しました

【トピックス使用】IMG_3549.JPG

10月28日、本学 奈良・東生駒キャンパスにおいて、「FDフォーラム」を開催しました。

本フォーラムは、全学的なFDに関する取組について中心となって企画・推進する本学組織「全学教育開発センター」が開催するもので、今回のテーマは「カリキュラム改革」。各学部・学科で取組を進めているカリキュラム改革について、報告を行うとともに、この取組内容を全学で共有したうえで、今後のカリキュラムに反映していくことを目的に行いました。

今回報告を行ったのは現代生活学部居住空間デザイン学科、心理学部心理学科、経済学部経済学科、経営学部経営学科、法学部法学科の5学科。人材養成目的や教育目標を踏まえたうえで、開設科目や配当年次の見直しを行うなど、学生の理解度や目的意識を把握し、ニーズをとらえたカリキュラム改革を進めつつあるといった事例報告をはじめ、組織的・実質的な教育を展開するうえで重要とされる、ディプロマ・ポリシーやカリキュラム・ポリシーを見直し、そのうえで、学科のもつ特色や魅力をいかに打ち出していくか、また、カリキュラム・マップやカリキュラム・ツリーの作成の進捗状況など、さまざまな観点に基づく報告がありました。

最後に岩井学長より、カリキュラム改革は今回報告のあったものをはじめ、学習評価につながるルーブリックの開発など、多面的に進めるべきものである。このような形の会をもち、他学部・他学科の取組事例を大いに共有し、改革の参考としてもらいたい、と挨拶がありました。

会場いっぱいの約40名の参加者は熱心にメモをとるほか、積極的に質問を行うなど、個々の取組について、強い関心を示していました。

帝塚山大学はこれからも教育内容の改善をはじめ、FD活動に積極的に取り組んでまいります。

 

【トピックス使用】IMG_3551.JPG  【トピックス使用】IMG_3556.JPG
現代生活学部居住空間デザイン学科(戸倉准教授)        心理学部心理学科(川合学部長)

経済学部経済学科(伊原学部長)

経営学部経営学科(日置学部長)

法学部法学科(羽渕准教授)

活発に質疑応答が行われました