ニュース

2013年06月24日
保護者教育懇談会を開催しました

 

【トピックス使用】IMG_9210.JPG

6月22日・23日、本学において保護者教育懇談会を開催しました。

 

本会は、帝塚山大学後援会の協力のもと、学生の修学支援をはじめ、就職支援、生活支援等について、保護者と教職員による面談等を行うことにより、大学生活全般について、理解を深めていただくことを目的として開催しています。

22日は奈良・東生駒キャンパスを会場に、人文・人文科学部、経済学部、経営情報・経営学部、法・法政策学部、人文科学研究科(日本伝統文化専攻)、経済学研究科、法政策研究科所属学生の保護者を対象に、また、23日は、奈良・学園前キャンパスを会場に、心理・心理福祉学部、現代生活学部、心理科学研究科所属学生の保護者を対象に開催しました。

教育懇談会はまず全体会からスタートしました。役職者の紹介に続く学長からの挨拶では、就職支援に関する本学の取組、プロジェクト教育など特色ある教育活動、そして、来年度に迎える大学創立50周年などにふれ、本学の現状について、説明を行いました。

続いて、株式会社リクルートキャリアの大井理恵様より、「現在の就職活動の環境と保護者としての就活生との向き合い方」を演題に、保護者の方々が最も関心を寄せている就職活動をテーマに、ご講演いただきました。就職環境の現状とその変化、また就職活動のスケジュールについてふれ、社会から求められる力とは何か、保護者が学生にできる支援・サポートは何か、保護者の視点に立った丁寧な説明がなされ、参加者は熱心にメモをとっていました。

【トピックス使用】IMG_9234.JPGその後は、学部ごとに分かれ説明会を行いました。各学部で展開している教育活動や単位の修得等について、詳細に説明しました。また、アドバイザー制度や履修指導などの各種支援の内容や、各学部で実施している講義など、各学部における特色ある取組について、スライドや資料を用いた説明に、保護者は理解を深めていました。また、教員の紹介もありました(写真:経済学部)。

 

 

【トピックス使用】P1220069.JPG【トピックス使用】P1220053.JPG学部別説明会の後は、修学状況や学生生活などについて、個別面談を行いました。成績の状況など詳細な資料をもとに、担当教員は学生の大学生活の状況を丁寧に保護者に説明していました(写真左:人文学部、右:法学部、下2枚:現代生活学部)。経済学部に在籍している学生の保護者は面談を終えて、「この4月に入学したばかりである。授業の出席状況について、大変熱心に相談に乗ってもらった。大学でのここまで丁寧なサポートが行われていることに驚いている。キャンパスの環境もすばらしい」とコメントしていました。就職支援や学生生活支援についても、多くの保護者との意見交換を行いました。

【トピックス使用】学科別懇談会の様子.jpg

【トピックス使用】学科別懇談会の様子2.jpg

【トピックス使用】P1220087.JPG個別面談を待つ間、保護者の皆様は、学生が普段昼食などをとっている学生食堂で時間を過ごしました。メニューには、管理栄養士養成課程である現代生活学部食物栄養学科の学生と学生食堂とのタイアップにより開発した「ほうれん草・蓮根のサラダ」もありました。

帝塚山大学は、これからも「学生への教育・支援がきめ細かい」大学をめざし、教育活動を展開してまいります。

 

株式会社リクルートキャリア大井様の講演に耳を傾ける保護者

経営情報・経営学部では履修についての説明を行いました

就職活動に関する個人面談の様子

面談を待つ間、保護者の皆様には学生食堂にて昼食をとっていただきました