ニュース

2010年12月17日
留学生によるクリスマス交流会を開催しました

 

司会.JPG

12月15日、 東生駒キャンパス 9号館 2階ホール「まほろば」を会場に、留学生クリスマス交流会を開催しました。このイベントは、留学生と日本人学生が共同で企画・運営しているもので、学内において留学生同士、留学生と日本人学生、教職員との交流の機会として、毎年開催しています。

 


今年の司会は、北条太一さん(人文科学部 英語文化学科3年)と、チョン ヒョンキョンさん(経営情報学部 経営情報学科4年)が務め、外国人留学生センター長の坂野勝彦教授の挨拶および乾杯の音頭で始まりました。リースや、もみの木の葉などのクリスマスオーナメントで彩られた会場では、スリランカ料理屋台によるカレーなどのスリランカ料理やのほか、サンドイッチや巻寿司などの軽食が振舞われました。イベントに参加した約400名の留学生、日本人学生、教職員らは、ビュッフェスタイルで食事をしながら、ミャンマーの踊りや吹奏楽部のミニコンサートを楽しみ、交流を深めるとともに一足早いクリスマス気分を味わいました。

会場の様子

会場の様子。

シュェ シン タンさんによるミャンマーの踊り

ミャンマーからの留学生 シュェ シン タンさんが、ミャンマーのお祭「水祭」で踊る伝統的な踊りを披露しました。

チャン ミェトウさんによるミャンマーの踊り

引き続いて、同じくミャンマーからの留学生 チャン ミェトウさんがおめでたい日に踊るミャンマーの踊りを披露しました。

吹奏楽演奏の様子

吹奏楽部によるミニコンサートの様子。「ジングルベル」「サンタが町にやってくる」「LOVE SO SWEET]を演奏しました。