• HOME
  • ニュース一覧
  • 第2回全国大学対抗TIESタイピング大会決勝で本学が3位に入賞しました!

ニュース

2010年09月01日
第2回全国大学対抗TIESタイピング大会決勝で本学が3位に入賞しました!

本学のeラーニングシステム「TIES」を活用したパソコン入力の速さと正確さを競う「第2回全国大学対抗TIESタイピング大会決勝」が8月24日、戦略的大学連携プログラム「教育資源の共有委員会」主催、NPO法人CCC-TIES後援で創価大学において開催されました。
6月21日~7月12日の期間にインターネット上で実施された予選(18大学・4,363名参加)での総合ランキング上位4大学、札幌大学、札幌学院大学、名古屋学院大学、帝塚山大学とシード大学の創価大学からそれぞれ代表者2人が出場しました。
Live!TIES中継で各キャンパスをつなぎ、遠方の学生と同時に、1分間でローマ字を正確に何文字打てるかを競いました。この結果、団体戦では札幌大学が1位、本学は昨年から1ランクアップの3位でした。個人戦では、札幌大学の清水翼さんが優勝、本学の経営情報学部4年生 高田昌典さんが3位と大健闘の結果となりました。

tiesタイピングコンテスト

会場大学である創価大学の代表学生

tiesタイピングコンテスト

団体戦3位の表彰を受ける本学経済学部の中嶋教授(写真右)