ニュース

2010年06月05日
近畿財務局長による特別講義を実施

 

近畿財務局特別講義.JPG

6月4日、経済学部開講の「経済学特殊講義(金融・財政の現状)」において、財務省近畿財務局の森川卓也局長による特別講義が実施されました。

 

「関西経済と日本・世界」というテーマのもと,関西の経済的地位,関西経済の情勢分析,各府県連携の動きに関する話から,世界の中の日本の経済的地位,世界の経済情勢の話へと至りました。最近の日本の財政事情を含め,具体的な事例や豊富な資料を用い,現代という時代をわかりやすく講義して頂き,約70名の学生は熱心に受講しました。

本講義は、近畿財務局から、毎回、専門分野の講師に来ていただき、前期科目として2006年度より開講しているものです。4月以降,「日本財政の現状」「奈良県内の経済情勢」「災害査定制度」「公正な証券市場の確立」などについての講義が行われ,この後も「消費者問題」「金融情報」「国有財産の活用」などについての講義が予定されています。

経済学部では,今後もさまざまな分野から講師をお招きし、学生に有意義な講義を提供していきます。