• HOME
  • ニュース一覧
  • 【女子バレーボール】女子バレーボール部、全日本インカレで惜しくもベスト8を逃す

ニュース

2019年11月30日
【女子バレーボール】女子バレーボール部、全日本インカレで惜しくもベスト8を逃す

EKdPPFRUUAAqlmH.jpg11月26日から始まった第66回秩父宮妃賜杯全日本バレーボール大学女子選手権大会(全日本インカレ)に出場し、1回戦は葛飾区水元総合スポーツセンターにて江戸川大学と戦い、26-24、25-14、25-22のストレートで撃破しました。次の2回戦でも、大東文化大学を相手に26-24、25-21、25-20のストレート勝ちと快進撃が続き、ベスト8をかけて日本体育大学との戦いに臨みました。

結果は、27-29、27-29、22-25と善戦及ばず、ストレート負けを喫してしまいましたが、
目標としていた日本体育大学との試合にまで勝ち進めたのは大きな収穫でした。メンバーは、来年は必ずベスト8以上をねらうと決意を新たにしていました。

 

EKdPPFWU0AAnxt3.jpg

12月21日、22日、23日には第20回西日本大学バレーボール学連女子選抜対抗戦が開催され、関西選抜選手として本学からは吉田美海選手(現代生活学部2年生)、中野樹里選手(文学部2年生)、大西風歌選手(法学部1年生)が選出されています。
詳しくは(http://www.kansai-uvf.org/topics/2019/topics_20191101_009470.html)をご覧ください。
会場は天理大学杣之内第一体育館にて開催されます。

現4年生は秩父宮妃賜杯で引退となりましたが、まだまだ年末まで公式試合が続きます。
引き続き応援よろしくお願いいたします。