• HOME
  • ニュース一覧
  • 金・銀・銅メダル獲得 『西日本学生新人選手権大会』レスリング部

ニュース

2019年07月02日
金・銀・銅メダル獲得 『西日本学生新人選手権大会』レスリング部

西日本学生レスリング連盟に所属するレスリング部は、6月29日~30日に大阪府堺市・金岡公園体育館で開催された「令和元年度西日本学生レスリング選手権大会(以下、西日本選手権)」に、1年生、2年生の部員6名が出場しました。この大会は1部・2部リーグという枠の無い試合であり、優勝者は年末に開催される「天皇杯・全日本選手権大会」の出場権が得られる、若手の登竜門です。

 グレコローマンスタイルでは、55kgの松岡大誠選手(経済経営1年)が、強豪校の選手を続々と撃破して優勝、1年生での金メダリストとなりました。優勝候補だった中村晟悠選手(法2年)は、肩の負傷もあり惜しくも準決勝で敗退、3位入賞となりました。

61kgでは、昨年度55kgで準優勝の中村晟笙選手(法2年)が階級を上げて出場しました。安定した試合運びで決勝へ進出し、敗れはしたものの銀メダルを獲得しました。

フリースタイルでは、120kgの荒木孝介選手(法1年)が3位入賞を果たし、重量級のエース候補としての存在感を示しました。

松岡選手は、今回の優勝を受け、12月に開催される「天皇杯・全日本選手権大会」への出場権を獲得しました。激戦の軽量級を勝ち抜いた身体能力の高さで、全国最高峰の大会での活躍が期待されます。

 今後ともレスリング部への応援を、宜しくお願い申し上げます。

 ◇参考サイト:公益財団法人日本レスリング協会

 2019年西日本学生新人戦/男子グレコローマン 成績

https://www.japan-wrestling.jp/2019/06/30/146490/

 2019年西日本学生新人戦/男子フリースタイル 成績

https://www.japan-wrestling.jp/2019/07/01/146534/

 

決勝戦の松岡選手

中村晟笙選手(61kg 2位)の投げ技

表彰台の松岡選手(金メダル)と中村晟悠選手(3位左)

表彰台の荒木選手(3位左)