ニュース

2014年11月04日
女子バレーボール部が1部リーグに昇格!

関西大学バレーボール連盟所属の帝塚山大学女子バレーボール部は、見事1部リーグへの昇格を果たしました。

9月6日から10月12日にかけて行われた秋季リーグ戦(10試合)において、7勝3敗の成績で2位となり、2部リーグへの復帰半年で念願の1部昇格が決まりました。

秋季2部リーグでは、敢闘賞に主将の安谷屋名月選手(人文学部日本文化学科3年)、新人賞に奥野杏選手(文学部日本文化学科1年)が選ばれました。

7部リーグ入りから7年がかりで遂に念願の1部リーグ昇格を果たした本学チーム。
次期リーグからは更なる強豪校との試合に挑むこととなります。
魚井監督の説く「本気になること」をモットーに、これからも日々の練習を重ね、全力で戦ってまいります。 

今後も、本学女子バレーボール部への応援のほど、よろしくお願いいたします。

念願の1部昇格で意気上がる女子バレー部員

念願の1部昇格で意気上がる女子バレー部員

祝福の横断幕が飾られました

祝福の横断幕が飾られました