ニュース

2018年05月23日
大学後援会総会・ファミリークラブ総会を開催しました。

5月19日(土)、奈良・東生駒キャンパス6号館において、平成30年度帝塚山大学後援会総会が開催されました。

大学後援会は、学術の研究、学生教育の援助、また会員、教職員、学生相互の親睦を図ることを目的とした組織で、在学生の保護者で構成されています。当日は約130人の保護者の方々が出席されました。

役員会・評議員会では、平成30年度の役員人事、予算等の審議が行われました。

総会の第1部では、寺原後援会会長、蓮花学長の挨拶に続き、平成29年度の決算報告があり、その後、先に開催された役員会・評議員会で承認された平成30年度役員人事や予算等に関する説明が行われました。

第2部では、向井副学長より学生生活全般についての説明が行われました。学生アンケートの結果報告、またベルリッツによる英会話講座“English Lounge(イングリッシュラウンジ)”の紹介等がありました。

また同日に、卒業生の保護者で組織される、帝塚山大学ファミリークラブ総会も開催されました。学生食堂での昼食休憩の後、午後からはバスに分乗して薬師寺を訪れました。見学会にはファミリークラブの皆さんも合流。合計約200名の参加者が3つのグループに分かれて、ご法話および玄奘塔での貴重なお話をはじめ、玄奘三蔵伽藍、白鳳伽藍と参拝見学をし、有意義な時間を過ごされました。

参加者からは、「今年度の入学生が増えたこと、本当に嬉しく思います」「いつも楽しみに参加しています。一般参拝者では見られないところやお話をじっくり聞けるところが帝塚山大学の強みだと思います」などの感想が寄せられました。

後援会総会風景

向井副学長による学生生活のお話

後援会役員・ファミリークラブ役員との集合写真

薬師寺見学の風景