特別展示


2007年過去の特別展示一覧

展示/開催期間:
平成19年10月22日(月)~ 11月24日(土)
展示/開催内容:
わが国で瓦の生産が始まったのは崇峻天皇元年(588)のことでした。すでに1400年の長い歴史をもっております。そして、奈良時代に入りますと、新しい技術を取り入れまして釉をかけた瓦が作られるようになりました。これを施釉瓦と呼んでおり、その多くが緑色をした緑釉瓦ですが、二彩釉や三彩釉のものも見られます。
展示/開催期間:
平成19年4月3日(火)~ 5月31日(木)
展示/開催内容:
瓦葺きの軒並みは、今やわが国特有の情景にさえなっています。 江戸時代、延宝2年(1674)に西村半兵衛という瓦師が、 丸瓦と平瓦とを組み合わせた形の桟瓦を発明しました。 このことによって瓦の重量がぐっと軽くなり、 瓦屋根の屋並みが広がっていきました。

  • 帝塚山大学 考古学研究所
  • 帝塚山大学 デジタル博物館
  • イベントカレンダー


本サイトの画像・文章を無断で転載・複製することを禁じます。