ニュース


鬼瓦ツアー~法隆寺の鬼瓦をめぐる~

2018年06月05日

 帝塚山大学附属博物館で現在開催している特別展示「鬼は語る-私が瓦になった理由-」に関連して、展示ツアー「鬼瓦ツアー~法隆寺の鬼瓦をめぐる~」を6月2日(土)に法隆寺で開催しました。講師に本学大学院卒業生で、現在、城陽市歴史民俗資料館で学芸員として勤務されている寺農織苑氏をお招きし、法隆寺に葺かれている鬼瓦について解説をしていただきました。寺農氏によれば、一見、同じように見える鬼瓦であっても時代によって特徴があり、また、鬼瓦にはヘラや刻印で作者銘が刻まれることがある等、鬼瓦の見所を懇切丁寧に解説していただきました。参加者からは「鬼瓦にこれほど種類があるとは知らなかった」、「これからは鬼瓦に注目して建物を見たい」などの感想が寄せられました。

      1.南大門前に集合.jpg 2.講師の寺農織苑氏.jpg

          南大門前に集合          講師の寺農織苑氏


      3.ヘラ書きや刻印のある瓦もあります.jpg 4.境内を散策しながら鬼瓦を観察.jpg

      ヘラ書きや刻印のある瓦もあります  境内を散策しながら鬼瓦を観察


      5.講師の解説に耳を傾けながら熱心に観察.jpg 6.こんなに間近で見ることのできる鬼瓦もあります.jpg   
      講師の解説に耳を傾けながら観察  間近で観察できる鬼瓦もあります




本サイトの画像・文章を無断で転載・複製することを禁じます。