ニュース


今年も市民大学講座が始まりました!

2018年04月16日

 桜も見ごろを終え、新緑が目立つようになりました。本学も先週から新年度が始まりました。地図を見ながら教室を探す新入生たちに初々しさを感じます。そうしたなか、平成30年度最初の市民大学講座を14日(土)に開講しました。

 第1回目の講座には纏向学研究センター所長の寺澤薫先生をお招きし、ご専門の考古学の立場で邪馬台国やヤマト王権について語っていただきました。今回の講座のように、今年度の講座は「語る」をテーマに、歴史研究の最新の発見や成果を各々の専門分野の立場で語っていただくことにしています。

 平成9(1997)年にスタートした市民大学講座も昨年度に20周年を迎え、講座数も400回に達しました。帝塚山大学考古学研究所では、これからも歴史の事実や歴史を学ぶ楽しさを一人でも多くの学生や市民に知っていただけるよう、努力してまいりたいと思います。

寺澤薫先生の講義風景
講座の様子



本サイトの画像・文章を無断で転載・複製することを禁じます。