帝塚山大学

実学の帝塚山大学

2018年4月

文学部 日本文化学科は新しくスタートしました

"希望する将来の進路"と"スキル習得と資格取得"を実現するプログラムがコースの学びにプラスされ、さらに充実します。

"希望する将来の進路"と"スキル習得と資格取得"を実現するプログラムがコースの学びにプラスされ、さらに充実します。

個々の関心に合わせて
選択できるコース

  • 歴史・文化財コース

    古文書や遺跡、美術工芸品、伝承・習慣など、
    さまざまな文化財を手がかりに、歴史の真実に迫ります。

    関連分野

    • 歴史学
    • 考古学
    • 美術学
    • 民族学
    PICK UP.01
  • 文学・表現コース

    文学や演劇などの作品、または日本語そのものの分析を通して、
    優れた表現能力を身につけます。

    関連分野

    • 日本語学
    • 古典文学
    • 近現代文学
    • 演劇
    PICK UP.02
  • 文化創造コース

    フィールドワークを通して、さまざまな地域文化に触れながら、
    現代社会の中で地域文化の魅力を表現・発信する能力を身につけます。

    関連分野

    • 地域文化
    • 文化発信
    PICK UP.03

選べるプログラム

新しい日本文化学科では、3つのコースにわたる幅広い学びを土台として、スキルアップをめざす人のために、
プログラムを開設しました。自らの意思で学びを柔軟に発展させることができ、複数のプログラムに取り組むこともできます。

資格取得の先にある
専門職をめざすプログラム

  • 文化財プロフェッショナル
    プログラム

    将来、博物館学芸員や文化財担当公務員をめざす人、文化財に興味のある人のためのプログラムです。さまざまなジャンルの文化財と向き合い、その特色や背景、調べ方・考え方などを学びます。

    主要科目
    学芸員資格取得に関する科目「博物館概論」「博物館実習」など
    関連科目
    「考古学実習」「美術史実習」「民俗学実習」など
    関連する資格と活動
    資格
    • 学芸員
    活動
    • 附属博物館での文化財調査や展示企画など
    • 発掘調査に参加
    • 知を地域に還元するプロジェクト(「飛鳥遺跡ガイド」「民俗調査に基づく展示・講演」)
    • 公務員試験対策講座
    など
  • 中学校・高等学校国語・社会教員
    プログラム

    将来、中学校や高等学校の「国語」「社会」「地理歴史」の先生をめざす人のためのプログラムです。本学内外で実施される「教師塾」等を利用しながら教師をめざす人を支援します。

    主要科目
    教員免許状取得に関する科目「教科教育法」「教育実習」など
    関連科目
    「日本史研究」「日本文学研究」など
    関連する資格と活動
    資格
    • 高等学校教諭一種免許状(国語・地理歴史)
    • 中学校教諭一種免許状(国語・社会)
    活動
    • 学内外の教師塾
    • 教育力向上の勉強会
    など
  • 日本語教員養成
    プログラム

    将来、日本や海外で日本語教員として活躍したい人のためのプログラムです。日本語の知識と指導方法をしっかりと修得し、留学生と交流しながら、日本文化を発信する力を磨きます。

    主要科目
    日本語教員資格取得に関する科目「ことばと異文化交流」「日本語教育実習」など
    関連科目
    「文化発信(異文化コミュニケーション)」「文化発信(グローバル・スタディ)」など
    関連する資格と活動
    資格
    • 日本語教員
    活動
    • 留学生との交流
    • 日本文化を海外に紹介する文化発信プロジェクト
    など

専門知識を高め、
スキル向上をめざすプログラム

  • 創作文芸・出版
    プログラム

    小説を書いてみたい人、出版関係の仕事がしたい人のためのプログラムです。「小説の創作方法を学び、実際に書いて、同人誌などに発表」、「書籍・雑誌の編集作業」といった、実践的な取り組みを行います。

    主要科目
    「日本文学特講(近現代文学)」「文章表現実習」特殊講義「創作文芸・出版」など
    関連科目
    「日本文学史(近現代文学)」「図書館情報資源概論」「文化発信実習」など
    関連する資格と活動
    活動
    • 小説の創作(同人誌などに発表)
    • 書籍・雑誌などの編集
    • HPや広報誌などによる文化発信プロジェクト
    • 書店などでのインターンシップ
    • 図書館での読書促進活動
    など
  • 古文書・古典籍
    プログラム

    古文書や古典籍に親しみ、より深く学びたい人のためのプログラムです。実物に触れながら、くずし字の読み方や地域に残された文献の調査方法など、社会からの要請にも応えられる力を身につけます。

    主要科目
    「古文書実習」「日本文学研究(和本リテラシー)」「日本文学研究(古典籍を読む)」など
    関連科目
    「古代史」「中世史」「近世史」「日本文学史(古典文学)」「日本文学特講」など
    関連する資格と活動
    活動
    • 本学が所蔵する古文書・古典籍や地域の古文書の調査と翻刻、学術誌などを通して公表
    • 附属博物館・図書館での展示企画
    など
  • 書道
    プログラム

    書道を続けている人、これから新たに書道を始めたい人のためのプログラムです。奈良の有名寺院での写経など、日本書道発祥と言える奈良の地の利を生かして書を学び、毛筆・硬筆の書写技能検定もめざします。

    主要科目
    「書道」特殊講義「奈良の書道文化」「創作の書」「実用の書」など
    関連科目
    「日本文学史(古典文学)」「美術史」「地域文化(奈良の伝統産業)」「奈良学」など
    関連する資格と活動
    活動
    • 書写技能検定(毛筆・硬筆)受験
    • 製筆・製墨の工房見学
    • 奈良の寺社で写経などを学ぶ
    • 書道展に応募
    • 附属博物館・図書館での作品展示企画
    など

※教職課程再課程認定申請中(ただし文部科学省における審査の結果、予定している教職課程の開設時期が変更となる可能性があります。

日本文化学科の3つのポイント

01

附属博物館・奈良学総合
文化研究所が併設

本物に触れながら学習を進められる環境が整っています。授業では、学内の附属博物館や奈良学総合文化研究所が所蔵する貴重な資料を使いながら、学びを深めます。また、附属博物館で学芸員の資格取得に必要な「博物館実習」の受講も可能です。
02

博士課程のある大学院

「日本伝統文化専攻」という独創的な視点から、日本文化を総合的に究明する大学院があります。高度な専門職業人や研究者を輩出。大学院生が学生の教育補助にあたるなど、学部の専門的な教育体系を支える基盤となっています。
03

就職サポートが万全

専門性を地域社会の中で生かしていく「プロジェクト型学習」や「インターンシップ」を実施。社会人としてのスキルを身につけます。学芸員や司書など文化行政にかかわる公務員、教員のほか、幅広い業種の一般企業でも本学科の学びが生かせます。

充実のサポート体制

帝塚山大学文学部日本文化学科には、手厚い就職指導や資格取得サポートがあるので将来の就職も安心!!

日本文化学科のサポート

日本文化学科のための就職支援

「文学部の学びと将来設計」や「アナウンサーに学ぶ自己演出法」など、学科独自のキャリア支援科目を設け、細やかな就職指導を行っています。

日本文化学科で取得が可能な資格・検定

資格取得を目指す学生には、徹底したサポートを行っています。

  • 高等学校教諭一種免許状(地理歴史・国語)
  • 中学校教諭一種免許状(社会・国語)
  • 学校図書館司書教諭
  • 図書館司書
  • 学芸員
  • 日本語教員

キャリアセンターによるサポート

キャリアセンターでは、学生一人ひとりに焦点を合わせ、その全ての学生が実社会に出た時に、
本学で学んだ「実学」を最大限に生かしてもらうため、さまざまな就職支援対策を行っています。

専任職員による個人面談

専任職員が3年生全員に対して個別に行う「就職・初回個人面談」を通じてのカウンセリングやエントリーシート添削、
段階的な個人面談など、一人ひとりに徹底した就職サポートを行います。

就職力・自己開発ゼミナール

長年人材開発に携わってきた専門相談員により、学生一人ひとりの特長や魅力を引き出します。
就職活動時の自身をアピールするために大切な自分を知る=自己分析と、
理想のキャリアへと近づける=自己開発・啓発ができる「人間力」と「就職力」を育成します。

学内合同企業説明会

3・4年生を対象に、約500社の関西圏の実力企業や注目企業の人事担当者を招いて行います。
「帝塚山大学」の学生を採用したいという意向を持っている企業ばかりなので、この説明会から内定を獲得する学生も多く輩出しています。

年間求人数

34,088件

2019年3月卒業生実績

学生一人あたり

約55件

Uターン就職支援

地元での就職活動も手厚く支援

インターンシップ制度

就業体験を通じて適性を知る

求人NAVIシステム

インターネットを使った本学独自の
就業システム

就職相談員制度

人事や採用のスペシャリストが指導する

就職体験報告会

就職が決定した学生による