後援会総会(平成22年度)

平成22年度帝塚山大学後援会総会は、5月22日(土)に東生駒キャンパス6号館にて開催され、約200名の会員の皆様が出席されました。
午後からは、毎年恒例の学外見学会として薬師寺訪問に加え、テレビニュースのコメンテータとしてもご活躍の寺島実郎先生の特別公開講座も開催され、会員の皆様にはいずれか希望の方にご参加いただくという企画といたしました。
また、今年はファミリークラブの総会も同時に開催され、午後からの学外見学会と寺島実郎特別公開講座は合同でご参加いただき、後援会とファミリークラブ初の合同行事となりました。
 
平成22年度後援会総会の様子
日  時  平成22年5月22日(土)
会  場  帝塚山大学・東生駒キャンパス・6号館6201教室
会 長 挨 拶               小川後援会長
学 長 挨 拶               山本学長
ファミリークラブ会長挨拶         岡島和男
総      会
新後援会長挨拶              吉田正史
学生生活について             中山副学長
学外見学会の説明            関根人文学部教授・人文科学研究科長

会長挨拶:小川一雅会長

学長挨拶:山本良一学長

ファミリークラブ会長:岡島和男

新後援会長:吉田正史
当日はファミリークラブの総会も併行して開催され、午後の学外見学会または寺島実郎特別公開講座は合同で参加しました。この総会前にもファミリークラブの岡島会長のよりご挨拶を頂戴しました。

岡島ファミリークラブ会長と吉田新後援会長

ファミリークラブ役員の皆さんと後援会役員の皆さん
この日はファミリークラブ役員の皆さんと平成22年度の後援会役員の皆さんが、大学関係者と共に昼食を摂られ、今後は何かと協力し合いましょうと話し合いました。早速、午後からの企画は合同で参加されました。
●総会報告
 議 案
○平成21年度 後援会決算に関する件
○平成21年度 発展協力会収支報告に関する件
○平成22年度 後援会役員人事に関する件
○平成22年度 後援会予算に関する件

小川会長の議事進行により総会が開催され、平成21年度決算報告、平成21年度発展協力会収支報告について審議の結果承認されました。
続いて、平成22年度役員人事について審議承認され、新後援会長に吉田正史氏が就任されました。
吉田会長の議事進行により、平成22年度予算について審議の結果承認され、予定していたすべての議案についてご承認いただきました。
引き続き中山副学長より学生生活についての説明、関根人文学部教授・人文科学研究科長より午後に予定されている見学先の薬師寺についての説明がありました。

 
学外見学会の様子(薬師寺)

東 塔

金 堂

今年の学外見学会は、世界文化遺産にも登録されている「薬師寺」を訪問しました。この学外見学会は、奈良に立地する大学として、京阪神はもとより全国から来られる学生の保護者の方に、是非とも奈良に親しんでいただく絶好の機会として企画され、これまで毎年実施しております。ご家族連れで参加される方も多く、毎年大変好評をいただいております。

薬師寺寺に到着してすぐに東僧坊にて、薬師寺長老安田暎胤様より貴重なご法話をお聞かせいただきました。その後2班に分かれ、玄奘三蔵院伽藍・白鳳伽藍等を見学して回り、数々の貴重な国宝や重要文化財に接することができました。
特に、大唐西域壁画殿に展示された平山郁夫画伯の大壁画のスケールの大きさには、見学した皆さん大変感動しておられました。また、今年の秋以降解体修理のために、平成30年まで見ることのできなくなる東塔は、拝観する最後のチャンスと、本学教員の説明を熱心に聴いておられました。 今年の学外見学会も無事好評のうちに終了いたしました。


長老様自らのご法話を拝聴させていただきました。

皆様お疲れ様でした。
 
寺島実郎特別公開講座の様子

開催のご挨拶:山本順英理事長

講師:寺島実郎特別客員教授
学園前キャンパスにて午後2時から帝塚山大学主催の寺島実郎特別公開講座が開催され、「世界の構造転換と日本」と題してご講演いただきました。この公開講座は、寺島実郎氏が今年の4月から帝塚山大学の特別客員教授に就任されたことを記念して開催されたものです。500名を越える参加者に会場は満員で、本来有料の公開講座でしたが、後援会とファミリークラブからの参加者は先着100名まで無料でご招待いただきました。