後援会総会(平成20年度)

総会風景
平成20年度後援会総会
●平成20年度帝塚山大学後援会総会は、5月24日(土)に東生駒キャンパス6号館にて開催され、約300名の会員の皆様が出席されました。
また、毎年恒例の総会後の学外見学会ですが、今年は「興福寺」を訪問しました。この学外見学会(遠足)を楽しみに毎年参加される方も多く、今年も大勢の方にご参加いただきました。
総会及び学外見学会とも無事滞りなく執り行われましたことをご報告いたします。
日  時  平成20年5月24日(土)
場  所  帝塚山大学・東生駒キャンパス・6号館6201教室
会 長 挨 拶               小川後援会長
学 長 挨 拶               山本学長
総      会
学生生活について             中山副学長
履修登録・成績評価について      落合副学長
学外見学会の説明            森 人文科学部教授・附属博物館長
総会・会長挨拶
会長挨拶:小川一雅会長
総会・学長挨拶
学長挨拶:山本良一学長
●総会報告
 議 案
○平成19年度 後援会決算に関する件
○平成19年度 発展協力会収支報告に関する件
○平成20年度 後援会役員人事に関する件
○平成20年度 後援会予算に関する件
小川会長の議事進行により総会が開催されました。平成19年度決算報告、平成19年度発展協力会収支報告、平成20年度役員人事、平成20年度予算について、予定していたすべての議案について承認いただきました。
引き続き中山副学長より学生生活についての説明、落合副学長より履修登録・成績評価についての説明がありました。
さらに、森人文科学部教授・附属博物館長より、午後に予定されている見学先の興福寺について、簡単な説明がありました。


《午後からの学外見学会の様子》

国宝館
東金堂

五重塔
● 学外見学会
今年の学外見学会は、世界文化遺産にも登録されている「興福寺」を訪問しました。この学外見学会は、奈良に立地する大学として、京阪神はもとより全国から来られる学生の保護者の方に、是非とも奈良に親しんでいただく絶好の機会として企画され、これまで毎年実施しております。ご家族連れで参加される方も多く、毎年大変好評をいただいております。

今年の天気は当初午後から大雨の予報で、出発前と見学後のバスの中では強い雨でしたが、なんと興福寺での見学中はピタッと雨が止み、傘も要らないという奇跡的なお天気でした。これも、みほとけ様のお恵みかと感謝いたしております。

現地では2班のグループに分かれ、「国宝館」「東金堂」等を見学して回り、数々の貴重な国宝や重要文化財に接することができました。また、「興福寺会館」では、貴重なご法話を拝聴することができ、歴史ある興福寺の新たな再発見ができました。 参加者からも、「今日は良い勉強になりました。」「大変感動しました。」と、今年も無事好評のうちに終了いたしました。
法話の様子
興福寺会館で法話を聞かせていただきました。

皆様お疲れ様でした。