学部・大学院|心理学部 心理学科

ホーム の中の 学部・大学院 の中の 心理学部 の中の 心理学科 の中の 人材養成(教育研究上の)目的・3つのポリシー

本文印刷


人材養成(教育研究上の)目的・3つのポリシー

心理学部 心理学科の人材養成(教育研究上の)目的

人間社会の抱える諸問題を、人間の行動と心理を中心とした科学的学問体系に基づいて研究・理解・認識するとともに、心の時代にふさわしい問題解決能力と他者への共感性を備えた人材を養成する。

ディプロマ・ポリシー(卒業認定・学位授与の方針)

心理学部心理学科は、本学部の課程を修め、所定の単位の修得と必修等の条件を充たすとともに、下記の知識・能力・資質等を身につけた者に卒業を認定し、学位を授与します。

  1. <基礎的知識と技能>
    心理学や関連領域の基礎的知識を修得し、その内容を理解することができる。
  2. <専門的知識と技能>
    心理学や関連領域の専門的知識と技能を修得し、応用することができる。
  3. <知識や技能の活用>
    人間・社会の諸問題を心理学的観点から理解しつつ、必要な情報を整理し、その環境や人との関係性に応じて柔軟に対処することができる。

カリキュラム・ポリシー(教育課程編成・実施の方針)

心理学部心理学科では、ディプロマ・ポリシー(卒業認定・学位授与の方針)に掲げる知識・能力・資質等を身につけさせるため、下記のような教育内容と教育方法にもとづき、教養科目、言語リテラシー科目および専門科目を体系的に編成し、講義、演習、実習等を適切に組み合わせた授業を実施します。学修成果の評価についても次のように定めます。

<教育内容>

  1. 教養科目は、全学教育開発センター開講科目を履修する。豊かな人間性と深い教養を培うために、「科学」「歴史・人文」「社会・文化」の各学問分野の基本的なものの考え方と知識を幅広く学ぶとともに、現代社会で不可欠な情報処理能力を養うために、各種の「統計・情報」科目を学ぶ。
  2. 言語リテラシー科目は、全学教育開発センター開講科目を履修する。大学の授業の履修に不可欠な日本語表現能力を高めるために、「日本語表現」を1年次に学ぶとともに、豊かな国際性を身につけるために、英語、中国語、ハングル、フランス語、スペイン語を、文化や社会事情を織り交ぜて学ぶ。
  3. 専門科目は、専門基礎科目、専門基幹科目、専門関連科目、専門研究科目により構成する。人の知覚や認知のメカニズムについて学ぶ「実験心理学」、社会における人間のコミュニケーションや行動について学ぶ「社会・応用心理学」、発達段階の特徴をとらえ、さまざまな健康状態にある人への理解や支援のあり方を学ぶ「臨床・発達心理学」を柱とし、さらにはコミュニケーションスキルを身につけることにより、社会で貢献できる人材養成を目指す。1年次では専門基礎科目を通して心理学について概観し、2年次から学ぶ専門基幹科目および専門関連科目の理解を深めるための基礎的知識を学習する。2年次から3年次にかけては、専門基幹科目および専門関連科目に分類される個々の科目についてより詳しく学ぶ。4年次では、3年次までの学びをふまえ、特定の専門分野についてゼミナールでより深く学び、総まとめとして卒業研究を作成するように設定する。
  4. 社会人になるための準備期間を充実させるために、主体的、能動的な学生生活となるようなキャリア教育プログラムを初年次より実践する。

<教育方法>

  1. 心理学部心理学科のカリキュラムは心理学を基礎から応用までを段階的に学べるように構成する。4年間を通して少人数グループでのアクティブラーニングを実践する。
  2. 初年次から導入しているキャリア教育における成果の一つとして、インターンシップへの参加を推奨する。

<学修成果の評価>

  1. 学修成果は、科目ごとの試験等による評価、卒業研究の作成と発表についての評価に加えて、外部評価として一般社団法人日本心理学諸学会連合認定の心理学検定の受検を推奨し、学修成果を確認することとする。
  2. 心理学の学びを通して他者や自身の心と体験的に触れ合い、社会において多様な価値観を受容し尊重することを重視しており、対人援助や地域貢献に関する心理学的な技術や方法を柔軟に選び、フィールドワークやボランティア活動などを実践することができることも学びの成果ととらえる。

アドミッション・ポリシー(入学者受入れの方針)

心理学部心理学科は、教育理念に掲げた人材を育成するために、大学全体のアドミッション・ポリシー(入学者受入れの方針)に定める事項のほか、下記のことを入学者に求めます。

<求める学生像>

  1. 好奇心旺盛で、疑問点には自ら足を運び問題解決することができる。
  2. 自ら学んだことをまとめ、他者に伝えることができる。
  3. 人の話を聴き、相手を尊重することができる。
  4. 社会における多様な価値観を受容し、自分なりの役割を果たしたいと考えている。
  5. 心のケアやサポート、ボランティア活動に興味を持ち、積極的に取り組みたいと考えている。

<入学までに修得すべき内容・水準>

  1. 様々な分野に幅広く関心をもって勉強できていることを重視する。主には、文章を理解する能力、口頭表現の能力、論理的思考の能力、社会の動きを理解する能力を身につけている。
  2. 人間の心と行動を関連づけて理解することが大切であると考えている。
  3. 自己管理ができる。
  4. 自分と他者に思いやりをもつことができる。
  5. 他者と協調してコミュニケーションをはかることができる。

※pdf版はこちら(全学部・学科、研究科等)(PDF:312KB)PDF

※人材養成目的および3つのポリシーは、より深い理解につながるよう、内容や表現等について定期的な見直しを行っています。

Adobe Readerのダウンロード

PDFをご覧いただくには、Adobe Reader(無償)が必要です。
以下のサイトよりダウンロードのうえ、インストールしてください。

Adobe Readerはこちら

  • 入試情報サイト

お問い合わせについて

メールでのお問い合わせはこちら

  • お問い合わせ先一覧

資料のご請求はこちら

  • 資料請求
  • 交通アクセス


学部

大学院


このページの先頭へ
人と人、人と社会、今と未来を結ぶ絆 KIZUNA