学部・大学院|心理学部 心理学科

ホーム の中の 学部・大学院 の中の 心理学部 心理学科 の中の 学びのポイント

本文印刷


学びのポイント

「心理を学ぶ」ことは、人間そのものを理解することです

現代社会に生きる人間を理解し、心のケアやサポートをする知識と技術を学びます。講義はもちろん、グループワークやロールプレイングを取り入れた実験・実習やフィールドワークも積極的に行います。

1.体験や現場を重視し、多様な心理学を学ぶ

帝塚山大学心理学部では、人間の心理と行動を学び、社会に貢献できる人材を育成します。
対人援助に不可欠な「カウンセリングスキル」を基本に、人間を科学的に理解する「実験心理」、より良い人間社会の実現を目指す「社会・応用心理」、人の心の発達と健康を支える「発達・臨床心理」をバランスよく学べます。

カウンセリングスキル

2.本学大学院への進学と臨床心理士資格取得をバックアップ

2.本学大学院へ進学と臨床心理士資格取得をバックアップ

2006年度から本学に大学院を設置。臨床心理士を志す学生はもちろん、社会で高度な調査技法やデータ分析などの専門技術を活かして活躍したい学生にも優れた教育環境を提供しています。

3.全国各地の自治体や団体との連携により社会との接点を深めています

3.全国各地の自治体や団体との連携により社会との接点を深めています

奈良県生駒市の不登校児童支援活動や、全国各地の自動車教習所と共同して高齢ドライバー調査など、体験的な教育・研究の場を設けています。大阪府交野市教育委員会、大阪府子どもライフサポートセンター、社会福祉法人青葉仁会、社会福祉法人みおつくし福祉会東さくら園とも協定を結び、大学生ボランティアの派遣に力を入れています。また、奈良県が主催する平成27年度「県内大学生が創る奈良の未来事業」の優秀賞に選ばれた取り組み「不登校の子どもたちに大学生ができること~大学間の垣根を越えて~」が着々と進行しています。

4.実証と実践を重視するため充実した教育施設・設備が整っています

4.実証と実践を重視するため充実した教育施設・設備が整っています

本学科は専属の実験室や実習室、コンピュータルームなど、心理学の勉学において不可欠な実験施設や観察室、カウンセリング実習室などの設備を有し、実証と実践を重視する学科教育を推進しています。

5.心理学関係資格をめざす人をサポートします

5.心理学関係資格をめざす人をサポートします

心理学部で取得できる資格に認定心理士や児童指導員などがありますが、2008年から実施されている心理学検定の取得をサポートしています。この資格は心理学の実力を証明するもので、進学や就職にも有利になることが期待できます。

  • 入試情報サイト

お問い合わせについて

メールでのお問い合わせはこちら

  • お問い合わせ先一覧

資料のご請求はこちら

  • 資料請求
  • 交通アクセス


学部

大学院


このページの先頭へ
人と人、人と社会、今と未来を結ぶ絆 KIZUNA