学部・大学院|心理福祉学部 心理学科

ホーム の中の 学部・大学院 の中の 心理学部 心理学科 の中の 履修モデル の中の カウンセラーや公務員をめざす

本文印刷


履修モデル・カリキュラム

カウンセラーや公務員をめざす

「将来は、心の悩み相談、子どもの発達支援、成人の生活支援など対人援助をしたい」
カウンセラー(臨床心理士)や公務員をめざす人の履修モデル

目標とする進路

  • カウンセラー(臨床心理士)
  • 公務員(心理・福祉職、警察官)
  • 福祉施設

心の悩みの相談で、わが国で最も信頼と実績のある資格は、財団法人日本臨床心理士資格認定協会が認定する臨床心理士資格です。残念ながら、この資格は大学の4年間では取得することができません。4年間の学部教育と2年間の大学院博士前期課程(修士)での臨床心理学の学びと実習を通して、臨床心理士試験に合格することが必要となります。本学には、大学院と実習のできるこころのケアセンターを備え、また、大学院教員が学部からゼミナールも指導しているので、カウンセラーの基礎から実践まで支援することができます。学部の1,2年生でカウンセラーの適性を確認し、誰とでも関われる力を養うことが大事です。3、4年生では、カウンセリング技法など専門性を高め、また現場体験を積み、それを卒業研究にまとめることが重要でしょう。大学院受験では、大学院生もいろいろアドバイスもいたします。公務員(心理・福祉職、警察官)志望の場合は、公務員対策講座が用意されています。

1年目 「誰とでも」関わることができる力を学ぶ。

1年生では、まず大学の環境や新しい集団に適応する(慣れる)ことが大事です。慣れるためには、第1に、規則正しい生活パターンを築き、大学中心の生活を構築しましょう。1時間目の授業に、遅刻や欠席をしないようにしましょう。1年生で授業が不合格になる最大の原因は、授業の難しさではなく出席率なのです。カウンセリングで最も重要なことは、あなたがクライエント(来談者)と、どのくらい信頼関係を築けるかなのです。決められた時間や約束を守ることが信頼構築の第一歩です。「心理学基礎演習」では、人と関わる力、自分の気持ちや意志を伝える力、人を受け入れる力を育成するために、アドベンチャーカウンセリングという手法を用いて、まず学科での仲間づくりを行い、「誰とでも、一緒に、楽しく」仕事ができる人間づくりを行います。また、実験や調査を通して心理学の研究方法にも一歩を踏み出します。「外国語」には、英語、中国語、ハングルなどがありますが、大学院受験では英語が必要となりますので、英語が苦手ならば、この機会に基礎からもう一度やり直しておくことをお勧めします。「心理学概論」や「臨床心理学概論」、「日常生活の心理学」など専門科目の第一歩です。この学びを確固としたものにするためには、夏休みに実施される「心理学検定2級」へのチャレンジを推奨しています。大学生活に慣れた頃から、外部の集団へ適応できるように、ボランティア、クラブ、サークルなどの積極的な参加を促し、1年次からさまざまなボランティアを体験することをしましょう。

教養科目
  • 社会と人間
  • 文化と人間
  • 自然と人間
  • 人間論
  • 人権論
  • 健康科学(生涯スポーツ)
  • 情報基礎
外国語
  • 英語(推奨)(※他に中国語、ハングル)
専門基礎・基幹科目
  • 心理学基礎演習
  • 心理学概論
  • 臨床心理学概論
  • 日常の心理学
  • アニマルセラピー
専門関連科目
  • ボランティア論
  • 社会学
  • 法学
  • 海外文化演習
  • 医学基礎
資格関連(全員推奨)
  • 心理学検定
キャリアセンター講座(公務員希望者)
  • 公務員
  • 警察官
  • ニュース時事

2年目 心理学の研究法を学び、専門性を高める

2年生では、心理学の専門教育が本格化し、講義内容も難しく感じる時期でもありますが、それだけに理解したときは「心理学は面白い!」と感動もある時期でもあります。「心理学実験実習」では、人間の心理・行動に関する問題点を発見し、仮説を立て、調査や実験を行い、結果を分析、考察し、レポートにまとめる力を徹底的に育成します。特に、レポート提出は2年生にとってたいへんなストレスですが、これを乗り越えないと「心理学部卒」の名がすたると言ってもいいでしょう。この授業のある金曜日の夕方は、アルバイトは禁止です。専門領域を見出すためには、教員から推薦された図書を読んだり、研究会に参加したり、ボランティア実践をするなどの積極的な努力が必要です。2年生のうちに、「心理学検定1級」を取得することを推奨します。後期には、3年生から始まるゼミナールの選抜が始まります。臨床心理士をめざすあなたは、児童・青年、成人それとも高齢者のこころのケアに興味があるのでしょうか?箱庭療法やスクールカウンセリングに興味があるのでしょうか?それともいじめをなくす学級づくりに興味があるのでしょうか?動物を介在させた心理療法(アニマルセラピー)でしょうか?あなたの興味によって、ゼミナールは違ってきますので、どの分野を自身の専門領域とするかを決めておくことが大切です。各ゼミナールの定員は10名前後となりますので、人気が集中した場合には面接などによって選抜となります。「誰とでも関われる力」をつけるためには「心理ボランティア実習」がいいでしょう。ボランティアには「のびのびクラス」「交野市小学校でのいじめのないクラスづくり」「生駒市適応指導教室」などがあります。警察官を希望される方は、特に「いじめのないクラスづくり」にボランティア参加することをお薦めします。

教養科目
  • 社会と人間
  • 文化と人間
  • 自然と人間
  • 人間論
  • 人権論
  • 健康科学(生涯スポーツ)
  • 情報基礎
外国語
  • 英語(推奨)(※他に中国語、ハングル)
専門科目(臨床心理系に推奨)
  • カウンセリング論
  • 認知神経科学
  • 健康心理学
  • 発達心理学
  • パーソナリティ心理学
  • アドベンチャーカウンセリング
  • アニマルセラピー演習
  • カウンセリング実習
  • 学習心理学
専門基礎科目
  • 心理統計法
  • 心理検査法
  • 心理学実験実習
専門関連科目
  • 地域支援と心理学
  • 社会福祉概論
  • コミュニケーション論
  • 医療現場の心理学
  • 心理ボランティア
資格関連(全員推奨)
  • 心理学検定
キャリアセンター講座(公務員希望者)
  • 公務員
  • 警察官
  • ニュース時事

3年目 研究で磨く。大学院・公務員試験対策も始めて

2年生の心理学実験実習で、心理学の研究法を学んだあなたは、ゼミナールIで、今度は独自の研究に取り組むことになります。テーマは決まりましたか?その問題を解決するためのアプローチの方法は、ブレていませんか?先行研究や先輩の残した卒業研究を参考に、人間の心や行動に関する新たな発見をしましょう。その一方で、3年生は、将来の進路を真剣に考える時期となり、あらためて「私は大学院へ進学するのか、公務員をめざすのか、それとも一般企業にいくのか?」など迷いが沸騰する時期です。さて、大学院や公務員を希望すると決まったならば、遅くともこの時期から受験準備を開始しましょう。大学院希望者は、この時期までに心理学検定1級は取得しておきたいところです。また、大学院英語対策講座(正規の授業ではありません)を受講し、コツコツと英語読解力をつけることが必要です。大学院受験では、5月からオープンキャンパスがさまざまな大学院で始まります。来年度の受験に向けて、オープンキャンパスに積極的に参加し、過去問を取り寄せ、傾向と対策を練ることから始めましょう。 公務員希望者は、キャリアセンターが実施する「公務員試験対策講座」「ニュース時事講座」を受講するとパワーアップできます。

専門科目(臨床心理系に推奨)
  • 心理療法論
  • 精神医学
  • 感情心理学
  • 家族療法論
  • 認知神経科学
  • 犯罪心理学
  • 産業カウンセリング
  • メンタルトレーニング論
  • 悲嘆の心理学
  • 外書講読
演習科目
  • ゼミナールⅠ
専門関連科目
  • 地域支援と心理学
  • 社会福祉概論
  • コミュニケーション論
  • 医療現場の心理学
  • 心理ボランティア
資格関連(全員推奨)
  • 心理学検定
キャリアセンター講座(公務員希望者)
  • 公務員
  • 警察官
  • ニュース時事

4年目 卒業研究はあなたの財産になります。受験準備は万全を期して。

4年生の生活は、「3年までの取得単位数」や「就職活動の結果(内定をもらえるか)」で大きく左右されます。上記のように、推奨した科目を着実に積み重ねると、3年までに120単位ぐらいを取得することができ、後は、ゼミナールIIの中で卒業研究を仕上げることが大切です。卒業研究は、心理学の学びの締めくくりであり、あなたがどれだけ心理学の専門家になれたかが、社会に問われることにもなります。 大学院進学では、特に卒業研究は重要ですので、1年間じっくりと時間をかけて完成させましょう。公務員試験は4月の当初から動きがありますので、それまでには準備が終わっていなくてはなりません。大学院は8月から入試を開始するところがありますので、5月頃の入試説明会等には足繁く参加することが重要となります。

専門科目(臨床心理系に推奨)
  • 心理療法論
  • 精神医学
  • 感情心理学
  • 家族療法論
  • 認知神経科学
  • 犯罪心理学
  • 産業カウンセリング
  • メンタルトレーニング論
  • 悲嘆の心理学
  • 外書講読
演習科目
  • ゼミナールⅡ,(卒業研究含む)
専門関連科目
  • 心理学特別演習(大学院受験生は推奨)
資格関連(全員推奨)
  • 心理学検定
キャリアセンター講座(公務員希望者)
  • 公務員
  • 警察官
  • ニュース時事
  • 入試情報サイト

お問い合わせについて

メールでのお問い合わせはこちら

  • お問い合わせ先一覧

資料のご請求はこちら

  • 資料請求
  • 交通アクセス


学部

大学院


このページの先頭へ
人と人、人と社会、今と未来を結ぶ絆 KIZUNA