学部・大学院|心理学部 心理学科

ホーム の中の 学部・大学院 の中の 心理学部 の中の 心理学科 の中の 学科の特徴

本文印刷


学科の特徴

「心の時代」に対応し、心理学独自の技法と視点に立脚して活躍できる人材を育成

心理学科

本学科では、人間の心に関する社会問題に向き合い、解決し、支援できる人材ならびにめまぐるしく変化する社会や産業に対応し、問題を見出し解決し、人を動かしたりチームで連携できる人材育成をめざします。そのために、「臨床・発達心理分野」「社会・応用心理分野」「実験心理分野」の3分野を体系的・科学的に学び、心理学の基本的研究手法とそれぞれの領域の考え方を広く理解し、知性、感性、行動力の3つの力が身につくようバランスのとれたカリキュラムを展開しています。

公認心理師(国家資格)が誕生します

2015年9月に、国会で「公認心理師法」が可決、成立し、2017年度から施行される予定です。公認心理師の誕生により、これまで以上に、教育・医療・福祉・司法などの領域での心理職のニーズが高まることになるでしょう。
これを受けて、帝塚山大学心理学部および大学院心理科学研究科では、2018年度に向けて、公認心理師養成のためのカリキュラム作成、試験対策、就職支援などの準備を進めています。

めざせる進路

  • 臨床心理士(カウンセラー)
  • 大学院へ進学して修士(心理学)、博士(心理学)
  • 対人援助職(福祉、警察、公務員など)
  • 一般企業への就職

めざせる資格

  • 認定心理士
  • 心理学検定(特1級~2級)
  • 児童指導員任用資格
  • 産業カウンセラー(受験資格)

学科の教育研究上の目的

人間社会の抱える諸問題を、人間の行動と心理を中心とした科学的学問体系に基づいて研究・理解・認識するとともに、心の時代にふさわしい問題解決能力と他者への共感性を備えた人材を養成する。

3つのポリシー(ディプロマ、カリキュラム、アドミッション)(PDF:48KB)PDF

  • 入試情報サイト

お問い合わせについて

メールでのお問い合わせはこちら

  • お問い合わせ先一覧

資料のご請求はこちら

  • 資料請求
  • 交通アクセス


学部

大学院


このページの先頭へ
人と人、人と社会、今と未来を結ぶ絆 KIZUNA