帝塚山大学
News

2020年03月11日(水)

大久保先生最終講義を開催しました

心理学部では、今年度末に定年退職される大久保純一郎先生への感謝と敬意を込めて、3月10日(火)に退職記念最終講義を開催しました。

大久保先生は発達臨床・健康心理学領域がご専門で、新版K式発達検査2001という発達検査の開発に携わられ、また、子どもから成人に至る発達障害の研究や支援に精力的に取り組まれ、さらに、最近では犯罪被害者支援にも力を入れておられます。

本学では学部や大学院において、心理検査や臨床心理学、健康心理学、障害者(児)心理学等の科目をご担当いただき、学生諸君に対する教育や指導には定評があります。

今回の最終講義は「人間発達とこころの問題」というテーマでご講義いただき、先生の研究履歴のお話から、行動理論から発達心理学へと研究がシフトしつつも実はそれが繋がっていたこと、初期に学んだことが決して無駄ではないことなどを力説されました。

当日は荒天にもかかわらず、先生を慕う修了生・卒業生を中心に多くの人々が駆けつけ、講義後には思い出話に花を咲かせていました。

蓮花学長よりご挨拶

講義の様子1

講義の様子2

講義を終えて