帝塚山大学
News

2016年05月30日(月)

「不登校の子どもたちに大学生ができること~大学間の垣根を越えて~」:事前研修会を実施しました

5月23日(月)16時~17時半/19時~20時半に大学生ボランティアのための事前研修会を実施しました。講師の大畑 豊先生(子どもの心と発達の相談ルーム「ここケット」代表)からは、大学生ボランティアの意義に加えて、学校現場で活動する際に必要なマナーや注意事項などを実体験を交えてわかりやすく話していただきました。

16時からの研修会には15名、19時からの研修会には25名の合計40名の学生ボランティア希望者(他大学の学生も含む)が参加しました。

研修会の最後には、奈良県教育委員会の指導主事、スーパーヴァイザー、マッチングコーディネーターなどの皆さんからそれぞれの役割をお話していただきました。マッチングコーディネーターの酒井希恵さんは、本学大学院の修了生であり、この4月から奈良県教育委員会に所属し、大学生ボランティアの希望と各小学校の希望を調整する重要な役割を担当しています。

この研修会を経て、いよいよ奈良県内の各小学校へのボランティア派遣が開始されることになります。

研修会の様子

皆、真剣に聞き入っています

全員の前で自己紹介の練習

奈良県教育委員会のスタッフ(右は本学修了生の酒井希恵さん)