帝塚山大学
News

2020年08月11日(火)

【居住】卒業研究の中間発表会がありました

8月6日(木)、オンラインによる卒業研究の中間発表会がありました。
本学科の4年生は大学で学んだことの集大成として、1年間を通して「卒業論文」「卒業設計」「卒業制作」の3つからカテゴリーを選び、卒業研究に取り組みます。学生は自分のゼミナールの教員の指導を受け、前期末の中間発表会と後期末の最終発表会を合格しないと、卒業することができません。

学生は前期までに進めた研究を3分のプレゼンテーションにまとめて発表しました。中間発表会は4年生だけでなく、一年後に卒業研究を控えた3年生も聴講しました。
研究の内容は地盤沈下の調査や照明の実験、児童福祉施設や宿泊施設の設計、パッケージのデザインや椅子の制作など、多岐に亘りました。教員からは厳しい助言や質問もありましたが、みな緊張しながらも自分の研究の取り組みを真剣に伝え、白熱した講評は夜まで続きました。

今年は新型コロナウイルス感染拡大防止のため、イレギュラーな開催となりましたが、その分PCモニターを通じて、みな発表に集中できたようにも思います。
最終発表会まであと6か月を切りました。4年生の皆さん、頑張ってください。