学部・大学院法学部ニュース

2017年08月25日|法学部ニュース
奈良市の農家民泊実践事業に参加しました

IMG_8629.JPG

8月5~6日、市役所勉強会の一環として、奈良市の農家民泊実践事業に参加しました。これは、人口減少、高齢化が進む奈良市東部の地域振興のため、豊かな自然や農業体験の観光化を模索する奈良市の新たな試みです。

今後の事業展開のため若者の意見が必要ということで、奈良市と協力関係にある本学の学生がモニターとして参加することとなりました。当日は奈良ブランド推進課の職員による引率で農業体験(写真左、右上)や地域住民の皆様との交流を行い、意見・感想を提出しました。

帝塚山大学法学部では1次試験合格者を対象とした面接対策を行った(写真右下)ほか、後期には奈良県の元職員による行政実務講座も開講予定です。市役所職員を目指す学生のサポート体制を今後よりいっそう充実させていく予定です