学部・大学院|法学部 法学科

ホーム の中の 学部・大学院 の中の 法学部 法学科 の中の 暮らしの法コース の中の 履修モデル・カリキュラム の中の 法律の知識を身に付けたい

本文印刷


暮らしの法コース

法律の知識を身に付けたい

「暮らしに役立つ法律の知識を身に付けたい」
暮らしや仕事で自分の身を守るために法律の知識を身に付けたい人の履修モデル

目標とする進路

  • サービス業
  • 卸売・小売業
  • 電気・ガス
  • 金融業・保険業
  • 水産・農林業・その他公益性のある企業や団体
  • NPO・NGO団体
  • 消費生活アドバイザー
  • 消費生活相談員 など

当たり前のように過ごしている自分の生活を、法律的な観点から分析する能力を養っていきます。具体的には、低学年次に国の仕組みを規定する憲法や取引を規定する民法を中心に履修。高学年次には、詐欺商法や製造物責任など日常生活のトラブル対処法を学習します。現代社会を生き抜くために不可欠な、生命・損害保険や社会保険、年金、雇用についても、法的な観点から学習します。

1年目 法律用語と文章に対する苦手意識を克服しよう

1年目 法律用語と文章に対する苦手意識を克服しよう。

まずは90分の講義など、大学生活のリズムに慣れましょう。はじめは法律用語に戸惑うかもしれませんが、ここでしっかりと基礎を学んでおくことが2年次以降の理解度に関わってきます。また、大学では文章を読み、自分の考えを説明する機会が大幅に増えます。多くの本を読み、日ごろから読解力、表現力を養いましょう。

()内は単位数

教養科目
  • 社会学(2)
  • 思想史(2)
言語・コミュニケーション科目
  • 国語表現法(2)
基礎充実科目
  • 基本国語(2)
  • 基本英語(2)
専門導入科目
  • 基礎演習Ⅰ(2)
  • 基礎演習Ⅱ(2)
専門科目
  • 法学入門(2)
  • 公法入門(2)
  • 私法入門(2)
  • 刑事法入門(2)
  • 憲法A(4)
  • 民法A(4)
  • 平和学(2)
  • 日本法文化論(2)
合計単位数 34

2年目 内容が難しくなってきた2年次は、踏ん張りどき

2年目 内容が難しくなってきた2年次は、踏ん張りどき。

カリキュラムに専門科目が増え、急に内容が難しく感じられる時期です。中だるみから、怠けがちになってしまう人も。こんなときこそ、集中力をつける訓練をしておきたいものです。履修モデルに組み込んだ『市民生活論』は、消費者が巻き込まれやすいトラブルについて具体的な事例で学ぶ、暮らしの法コースならではの授業です。

()内は単位数

教養科目
  • 現代史(2)
  • 健康科学(2)
言語・コミュニケーション科目
  • 英語(会話)Ⅰ(2)
専門導入科目
  • 専門基礎演習Ⅰ(2)
  • 専門基礎演習Ⅱ(2)
専門科目
合計単位数 34

3年目 専門演習が開始!後期からは就職活動にも備えて

3年目 専門演習が開始!後期からは就職活動にも備えて。

大学生活の「花形」である専門演習が始まり、興味ある分野の理解を深めることができます。履修モデルでは『商法D』を採用。これは現代社会で個人が生活を守るために必要な、保険の知識を学ぶ科目です。一方で、就職活動も始まる時期です。自分がこれまで力を注いできたことを整理し、履歴書にまとめる作業を始めましょう。

()内は単位数

教養科目
  • 日本史B(2)
  • 奈良学(2)
  • 東洋史(2)
言語・コミュニケーション科目
  • 英語(会話)Ⅱ(2)
演習科目
  • 専門演習(4)
専門科目
  • 刑事政策(2)
  • 民法C(4)
  • 商法D(2)
  • 社会保障法(2)
  • 労働法(2)
  • 消費者政策論(2)
  • 国際法(4)
  • 国際私法(4)
合計単位数 34

4年目 就職活動と、学生生活最後の年の締めくくりを

4年目 就職活動と、学生生活最後の年の締めくくりを。

学生生活最後の年。専門演習の発表や旅行など4年間の集大成の年にしたいところです。就職希望者は前期に就職活動本番を迎えます。キャリアセンターを活用し、満足のいく就職活動を行ってください。また、内定後は見識を広める科目を積極的に受講してみましょう。

()内は単位数

教養科目
  • 心理学(2)
  • 会計学(2)
  • 経済学(2)
演習科目
  • 専門演習(4)
専門科目
  • 情報法(2)
  • 租税法(2)
  • 被害者学(2)
  • 商法C(2)
  • 倒産処理法(2)
  • 不法行為責任と法政策(2)
  • 知的財産法A(2)
  • 国際人権法(2)
  • 法理学(2)
  • 民事訴訟法(4)
  • 労働法(2)
合計単位数 34

生活に直結した法律問題に精通した人は、多彩なフィールドでの活躍が見込まれます。また、こうした知識は、一市民として生活を送るときにも、一層役に立つでしょう。

他の履修モデルを見る

  • 入試情報サイト

お問い合わせについて

メールでのお問い合わせはこちら

  • お問い合わせ先一覧

資料のご請求はこちら

  • 資料請求
  • 交通アクセス


学部

大学院


このページの先頭へ
人と人、人と社会、今と未来を結ぶ絆 KIZUNA