学部・大学院|法学部 法学科

ホーム の中の 学部・大学院 の中の 法学部 法学科 の中の 企業コース の中の 講義紹介 の中の 国際取引法

本文印刷


企業コース

国際取引法

専門科目「国際取引法」担当教員 黄ジンテイ教授

専門科目「国際取引法」

「国際取引法」では、国際取引で起こった紛争を解決するための世界共通のルールについて勉強し、世界に通用する豊かな知識を身につけます。

世界共通のルールを勉強

世界中の国々の文化が違うように、その国の法律もまた違います。異なる法律をもつ国同士の取引でトラブルが起こったとき、どちらの国の法律に従うかでさらに揉めることになりかねません。そのような問題を防ぐために、世界共通のルールというものがあります。このルールを身につけておけば、企業に就職したときも活かすことができます。講義では最初に、ユニドロワという国際機関が作成した「国際商事契約原則」を取り上げ、これを素材にして、契約法の国際的な一般基準というものについて学んでいきます。さらに次の段階としては、国際的な物品の売買や、それにともなう物品の運送、代金の支払いなど、国際取引においてそれぞれの場合に適用される、実際のルールについて勉強します。最後には、国際取引紛争の解決に貢献できる、国際商事仲裁制度について学びます。これらの講義をとおし、幅広い視野と知識をもつグローバルな人材を育てたいと思います。

国際契約法のルールを世界の事例で紹介

講義で使うレジュメは、詳しくわかりやすい内容にするために、たえず改良を重ねて作成し、学生の皆さんの理解を高めるように努力しています。また、実際にあった仲裁例や設例をたくさん取り上げ、ビジネス現場の紛争と国際契約法のルールを結びつけることで、着実に知識を自分のものにできるように導きます。一学期の講義では、その学期で学習する内容を大まかに3つのステップにわけます。そのステップごとに復習の時間をもうけ、できるだけ学生の理解のレベルをそろえるように心がけ、きめ細かなフォローをおこなっています。

担当教員からひと言|黄ジンテイ教授
どんどん質問して、知識を確実に自分のものにしていきましょう

質問は歓迎しますので、毎回の講義で理解できなかった点があればそのままにしておくのではなく、その講義のときに解決できるよう積極的に質問してください。学生の皆さんと私たち教員との密なコミュニケーションは、講義で学んだ知識の吸収や単位の取得へ一歩ずつ近づくための近道のひとつでもあります。そのことをしっかり意識して、毎回の講義に真剣に取り組み、意欲的に知識を吸収していきましょう。

他の講義紹介を見る

  • 入試情報サイト

お問い合わせについて

メールでのお問い合わせはこちら

  • お問い合わせ先一覧

資料のご請求はこちら

  • 資料請求
  • 交通アクセス


学部

大学院


このページの先頭へ
人と人、人と社会、今と未来を結ぶ絆 KIZUNA