学部・大学院|法学部 法学科

ホーム の中の 学部・大学院 の中の 法学部 法学科 の中の 企業コース の中の 履修モデル・カリキュラム の中の 民間企業をめざす

本文印刷


企業コース

民間企業(不動産・金融業界など)をめざす

「法律の知識を生かして民間企業で活躍したい」
民間企業(不動産・金融業界など)をめざす人の履修モデル

目標とする進路

  • 製造業
  • 金融業
  • 保険業
  • 不動産業
  • 証券業
  • 運輸業
  • 情報通信業
  • 建設業 など

商取引に必要な民法・商法を中心に履修し、モノとお金の流れを理解できる力を身につけます。将来の仕事を意識し、キャリアデザインやインターンシップ科目を履修して職業意識を高めたり、宅地建物取引士やファイナンシャル・プランニング技能士、知的財産管理技能士といった資格取得を目指すのもよいでしょう。3年生からは自己分析や履歴書作成など、就職活動対策を開始し、納得できる就職活動を送りましょう。

1年目 入門科目で、前提知識をしっかり身につけよう

1年目 入門科目で、前提知識をしっかり身につけよう。

1年次では、入門科目で法学の基礎をしっかり身につけておきましょう。中でも、民法や商法の前提知識を学ぶ『民法入門』は必ず履修しておきたい科目です。大学では文章を読み、理解したうえで、自分の考えを説明する機会が頻繁にあります。時間のあるこの時期にできるだけ多くの文章を読み、こうした技能を養っておきましょう。

民間企業をめざす人の履修モデル

()内は単位数

教養科目
  • 歴史・人文A(世界近現代史)(2)
  • スポーツ科学(2)
言語・リテ科目
  • 大学生のための日本語表現(2)
  • 英語A(1)
  • 英語C(1)
共通専門科目
  • 法学入門(2)
  • 経済学入門(2)
  • 経営学入門(2)
  • 基礎演習Ⅰ(2)
  • 基礎演習Ⅱ(2)
学部専門科目
  • 憲法入門(2)
  • 民法入門(2)
  • 刑事法入門(2)
  • 裁判法入門(2)
  • 憲法(4)
  • 民法A(4)
合計単位数 34
不動産・金融業界をめざす人の履修モデル

()内は単位数

教養科目
  • 統計・情報A(ビジネス数学)(2)
  • スポーツ科学(2)
言語・リテ科目
  • 大学生のための日本語表現(2)
  • 英語B(1)
  • 英語C(1)
共通専門科目
  • 基礎演習Ⅰ(2)
  • 基礎演習Ⅱ(2)
  • 法学入門(2)
  • 経済学入門(2)
  • 経営学入門(2)
学部専門科目
  • 憲法入門(2)
  • 民法入門(2)
  • 刑事法入門(2)
  • 裁判法入門(2)
  • 憲法(4)
  • 民法A(4)
合計単位数 34

2年目 この時期に、将来の仕事についてじっくり考えよう

2年目 この時期に、将来の仕事についてじっくり考えよう。

急に授業の内容が難しく感じられる時期ですが、1年次で基礎を固めておけば大丈夫です。民法や商法の知識は、ビジネスの世界では必要不可欠な知識です。このため『民法B』『民法C』『商法入門』『商法A』はぜひ履習しておきたい科目です。また、インターンシップ科目を受講する、宅建・FPなどの資格試験に挑戦するなど、将来の仕事について考え、取り組む時間を取るとよいでしょう。

民間企業をめざす人の履修モデル

()内は単位数

教養科目
  • 社会・文化A(社会学)(2)
  • 統計・情報B(ビジネスデータ分析)(2)
  • 歴史・人文B(日本近現代史)(2)
言語・リテ科目
  • フランス語Ⅰ(2)
  • スペイン語Ⅰ(2)
学部専門科目
  • 民法B(4)
  • 民法C(2)
  • 刑法(4)
  • 刑事訴訟法(4)
  • 商法入門(2)
  • 商法A(4)
  • 行政法入門(2)
  • 専門基礎演習A(2)
  • 専門基礎演習B(2)
合計単位数 36
不動産・金融業界をめざす人の履修モデル

()内は単位数

教養科目
  • 社会・文化A(社会学)(2)
  • 統計・情報B(ビジネスデータ分析)(2)
  • 歴史・人文B(日本近現代史)(2)
言語・リテ科目
  • 英語D(1)
  • 英語E(1)
  • 中国語E(2)
学部専門科目
  • 商法入門(2)
  • 行政法入門(2)
  • 消費者法(2)
  • 金融システム論(2)
  • 平和学(2)
  • 民法B(4)
  • 民法C(2)
  • 商法A(4)
  • 専門基礎演習A(2)
  • 専門基礎演習B(2)
合計単位数 34

3年目 ビジネス法知識を深めつつ、就職活動も始めよう

3年目 ビジネス法知識を深めつつ、就職活動も始めよう。

3年次からは専門演習が開始。また、法的な紛争を処理する『民事訴訟法』『民事執行・保全法』や経済的な破綻の際に利用される『倒産処理法』といった授業で、ビジネスに欠かせない法知識をさらに深めましょう。一方で、就職活動も気になってきます。これまでの大学生活を振り返り、自分が頑張ってきたことを履歴書に組み立てていきましょう。

民間企業をめざす人の履修モデル

()内は単位数

教養科目
  • 歴史・人文F(奈良学)(2)
  • 科学B(現代の科学技術)(2)
学部専門科目
  • 商法B(2)
  • 行政法(4)
  • 労働法(2)
  • 民事訴訟法(4)
  • 民事執行・保全法(2)
  • 倒産処理法(2)
  • 政治学(2)
  • 国際法(4)
  • 比較法(2)
  • 専門演習(4)
合計単位数 32
不動産・金融業界をめざす人の履修モデル

()内は単位数

教養科目
  • 歴史・人文F(奈良学)(2)
  • 科学(環境科学)(2)
学部専門科目
  • 知的財産法(4)
  • 行政法(4)
  • 労働法(2)
  • 商法B (2)
  • 民事訴訟法(4)
  • 倒産処理法(2)
  • 英米法(2)
  • 経済法(4)
  • 社会保障法(2)
  • 専門演習(4)
合計単位数 34

4年目 悔いのない就職活動と学生生活の締めくくりを

4年目 悔いのない就職活動と学生生活の締めくくりを。

いよいよ就職活動本番を迎えます。キャリアセンターの手厚いサポートをフルに活用し、悔いのない就職活動をおくりましょう。内定後は興味のある科目をどんどん履修し、教養の幅を広げておきましょう。将来起業を考えている人には『知的財産法』や『経済法』がおススメです。

民間企業をめざす人の履修モデル

()内は単位数

教養科目
  • 社会・文化H(地域と社会貢献)(2)
  • 社会・文化I(プロジェクト演習)(2)
学部専門科目
  • 経済法(4)
  • 知的財産法(4)
  • 国際私法(4)
  • 英米法(2)
  • 専門演習(4)
合計単位数 22
不動産・金融業界をめざす人の履修モデル

()内は単位数

教養科目
  • 社会・文化H(地域と社会貢献)(2)
  • 社会・文化I(プロジェクト演習)(2)
学部専門科目
  • 国際私法(4)
  • 政治学(2)
  • 国際取引法(4)
  • 比較法(2)
  • 民事執行・保全法(2)
  • 専門演習(4)
合計単位数 22

ビジネスに役立つ法知識を体系的に身につけた人材は、学び、成長し続ける素養ができています。各就職先で必要とされるビジネスパーソンとして、活躍していくことでしょう。

  • 入試情報サイト

お問い合わせについて

メールでのお問い合わせはこちら

  • お問い合わせ先一覧

資料のご請求はこちら

  • 資料請求
  • 交通アクセス


学部

大学院


このページの先頭へ
人と人、人と社会、今と未来を結ぶ絆 KIZUNA