学部・大学院|法学部 法学科

ホーム の中の 学部・大学院 の中の 法学部 法学科 の中の 公務員コース の中の 履修モデル・カリキュラム の中の 国家・地方公務員をめざす

本文印刷


公務員コース

国家・地方公務員をめざす

「将来は国家公務員になりたい」
国家・地方公務員をめざす人の履修モデル

目標とする進路

  • 国家公務員一般職
  • 地方公務員
  • 国税専門官
  • 裁判所事務官
  • 自衛官(幹部候補生) など

公務員試験合格の鍵である憲法・行政法・民法の履修に加えて、実際に働くときに必要な政治学・地方自治法・社会保障法を学びます。また、学外提携校で提供される講座を受けられる特別資格サポート制度を利用して、知識と実践力をつけましょう。

1年目 多くの文献に触れ、文章読解力、表現力を磨く訓練を

1年目 多くの文献に触れ、文章読解力、表現力を磨く訓練を。

試験対策としてだけではなく、実際の業務でも、高い文章読解力と表現力は求められます。時間のあるこの時期に、多くの本を読むことで、こうした力を磨いておきたいもの。少人数の基礎演習や語学のクラスで、同じ目標を持って一緒に勉強できる仲間を見つけておくのも、この時期の有意義な過ごし方です。

()内は単位数

教養科目
  • 歴史・人文A(世界近現代史)(2)
  • 歴史・人文B(日本近現代史)(2)
  • 統計・情報D(コンピュータ・リテラシー)(2)
言語・リテ科目
  • 大学生のための日本語表現(2)
  • 英語C(1)
  • 英語E(1)
共通専門科目
  • 法学入門(2)
  • 経済学入門(2)
  • 経営学入門(2)
  • 基礎演習Ⅰ(2)
  • 基礎演習Ⅱ(2)
学部専門科目
  • 憲法入門(2)
  • 民法入門(2)
  • 刑事法入門(2)
  • 裁判法入門(2)
  • 憲法(4)
  • 民法A(4)
合計単位数 36

2年目 先輩から刺激を受けて、モチベーションを保とう!

2年目 先輩から刺激を受けて、モチベーションを保とう!

入門科目から専門科目へと移行。急に内容が難しく感じられる時期です。それと同時に学生生活にも慣れ、つい怠けがちになってしまう人も。試験科目である行政法や民法はこの時期にしっかり学んでおきましょう。

()内は単位数

教養科目
  • 社会・文化B(現代の政治)(2)
  • 社会・文化C(情報と社会)(2)
  • 社会・文化F(人権と社会)(2)
言語・リテ科目
  • 英語A(1)
  • 英語B(1)
学部専門科目
  • 行政法入門(2)
  • 行政法(4)
  • 刑法(4)
  • 刑事訴訟法(4)
  • 民法B(4)
  • 消費者法(2)
  • 平和学(2)
  • 専門基礎演習A(2)
  • 専門基礎演習B(2)
合計単位数 34

3年目 演習と並行して、経済・行政について理解を深めよう

3年目 演習と並行して、経済・行政について理解を深めよう。

3年次からは専門演習が開始します。それに加えて、履修モデルでは『英語』や『地方自治法』を採用。国際化が進む中、公務員にとっても英語は必須のツールとなるでしょう。また、地方自治法も、公務員を目指す人にとって外せない科目です。

()内は単位数

教養科目
  • 歴史・人文F(奈良学)(2)
  • 社会・文化A(社会学)(2)
言語・リテ科目
  • 英語D(1)
  • 英語G(1)
学部専門科目
  • 地方自治法(2)
  • 労働法(2)
  • 社会保障法(2)
  • 民法C(2)
  • 商法入門(2)
  • 政治学(2)
  • 国際法(4)
  • 専門演習(4)
合計単位数 26

4年目 成果が発揮できるよう、試験に向けてラストスパート

4年目 成果が発揮できるよう、試験に向けてラストスパート。

いよいよ、試験の年です。筆記試験対策だけでなく面接対策も受けて、万全の態勢で臨みたいところ。試験後は、後回しにしていた科目や実務に役立つ科目を積極的に受講しましょう。市場経済の法的規制を学ぶ『経済法』や、国際法による個人の人権保障について学ぶ『国際人権法』などは、将来の仕事にも役立つでしょう。

()内は単位数

教養科目
  • 社会・文化H(地域と社会貢献)(2)
学部専門科目
  • 商法A(4)
  • 商法B(2)
  • 民事訴訟法(4)
  • 経済法(4)
  • 国際人権法(2)
  • 国際私法(4)
  • 比較法(2)
  • 英米法(2)
  • 専門演習(4)
合計単位数 30

試験科目となっている法律や一般教養に精通しているだけでなく、行政実務に関する法知識や最新の社会問題について、自分なりの問題意識を持った人材に。

他の履修モデルを見る

  • 入試情報サイト

お問い合わせについて

メールでのお問い合わせはこちら

  • お問い合わせ先一覧

資料のご請求はこちら

  • 資料請求
  • 交通アクセス


学部

大学院


このページの先頭へ
人と人、人と社会、今と未来を結ぶ絆 KIZUNA