学部・大学院文学部・人文学部ニュース

2017年08月22日|文学部ニュース
【日本文化学科】七月大歌舞伎を観劇しました

七月大歌舞伎.jpg

7月23日(日)、日本文化学科の本物体験型授業「学外実習」で、大阪松竹座へ「七月大歌舞伎」を観に行きました。

大阪松竹座は近鉄「大阪難波」駅からすぐで、本学からも30分ほどで行けます。学外実習では奈良はもちろん、大阪や京都に出かける機会も多くあります。

「夏祭浪花鑑」は大坂を舞台に男女それぞれの熱い生き方を描きます。学生たちは「日本演劇概論A」(後藤准教授)で作品を読み解き、学んだことを思い出しながら、実際の舞台の迫力を楽しんでいました。「二人道成寺」では一転して華やかな舞踊がくり広げられました。

舞台の圧倒的な臨場感、大向こうのかけ声や観客の盛り上がりなど、実際に歌舞伎を観る魅力を体感し、幕間には客席でのお弁当も楽しめたようです。