学部・大学院文学部・人文学部ニュース

2017年06月15日|文学部ニュース
【日本文化学科】「学外実習」で平城宮跡周辺を散策しました

学外実習・平城宮跡2017_1.JPG

5月27日(土)、体験型授業「学外実習」の一環として、平城宮跡周辺を散策しました。

以下は、実際に参加した学生による報告です。

まずはじめに平城宮跡資料館に行きました。瓦や木簡、実際に使われていた日用品などが展示されていました。また、春期企画展「永野太造作品展」の開催中で、唐招提寺の鑑真和上像、金堂の鴟尾、西大寺の如意輪観音像、東大寺南大門の金剛力士像などのガラス乾板写真の展示を見学しました。

次に第一次大極殿に入って、天皇の座(高御座)を見ました。それから、朱雀門を通って東院庭園に行きました。最後に遺構展示館に行って、掘立柱建物やせん積基壇建物、第二次大極殿基壇土層の剥ぎ取りなどを見ました。実際に歩いて現地に行って、歴史的に重要な物を見られたのはとても良い経験になったと思います。(一年生、女子)