学部・大学院文学部・人文学部ニュース

2017年05月31日|文学部ニュース
【文化創造学科】「奈良学A」臨地講義(ふるさと元気村)

5月21日(土)、1年次必修科目「奈良学A」の臨地講義として、村田教授(地域・まちづくり)のガイドの下、宇陀市室生にある「宇陀市文化芸術活動体験交流施設 ふるさと元気村」(アーティストの方々が創作活動を行ないつつ来訪者への指導もされる「山の芸術学校」)を訪問しました。今回は本学科の上級生7名も参加しました。

ふるさと元気村では、地元室生の食材だけでつくられた美味しいランチ(「たぐちきっちん」さん作)をいただいた後、グループに分かれ、それぞれ陶芸、藍染、小物づくり、サンドプラスト、七宝焼、木工、切り絵を体験させていただきました。

今回は牟田口教授の指導のもと、牟田口ゼミの学生諸君が360度ビデオカメラやドローンを使った作業現場や周辺風景の撮影も行ないました。当日は天候にも恵まれ、非常に美しい映像を撮ることができました。編集された映像コンテンツにつきましては学科のfacebookをご覧ください。

https://www.facebook.com/tezbunkasouzou/

ふるさと元気村関係者の皆様、今回も温かいおもてなしをいただき、ありがとうございました!