学部・大学院文学部・人文学部ニュース

2016年03月14日|文学部ニュース
【日本文化学科】「面接で『学業欄』を語る練習会」を開催しました


DSCN6091.JPG

日本文化学科では、2月29日(月)に、3年生対象の就職活動支援行事として、「面接で『学業欄』を語る練習会」を実施しました。本格的な就職活動開始に備え、3年生はそれぞれ履歴書作成を進め、キャリアセンターでチェックを受けています。

今回は日本文化学科のイベントとして、履歴書の特に「学業欄」について、自分がどのような関心を持って勉強し、研究に取り組んできたかをPRできるようになろうという目的で開催されました。

DSCN6092.JPG

春休み中の自由参加行事にもかかわらず、約30名の3年生が集まりました。4グループに分かれ、日本文化学科の教員が各グループの担当として1、2名ずつ入りました。学生たちは順番に履歴書の「学業欄」をもとに発表し、教員から「専門的な内容を一般の人にもわかりやすく説明する工夫が必要」、「どうしてそのテーマに興味を持ったのか、経緯も説明した方がよい」など、多くのアドバイスを受けていました。学生同士の意見交換も進み、「なるほど」と納得してさっそく「学業欄」を書き直し、もう一度発表する学生もいました。


終了後、学生たちは「人に伝えるには、もっと自分の中で理解を深めておかなくてはいけないことがわかった」、「違うゼミの先生からも客観的な意見をもらえて、すごく参考になった」、「発表するのは緊張したけど、他の人の発表を聞いて、自分も頑張ろうと思えた」など感想を語り合っていて、少し自信にもつながった様子でした。