学部・大学院文学部・人文学部ニュース

2015年12月09日|文学部ニュース
【文化創造学科】「奈良学B」臨地講義@梅守本店

11月26日、本学科1年次必修科目「奈良学B」の臨地講義として、地元奈良市の寿司製造販売業者、梅守本店さんを訪問しました。梅守本店さんはもともと駅ナカなどでテイクアウト用寿司の販売を主に行なう会社ですが、2年前より「寿司握り体験」事業をはじめられ、これが外国人観光客の間で大変な人気になっております。現在、月に約6,000人の集客があり(95%が外国人)、年間10万人動員も視野に入りつつある状況だそうです。さらに、最近はイスラム系の観光客の需要増大を見越してハラール事業にも着手されており、今後の発展が期待されます。

今回の臨地講義では、実際に受講生たちが「寿司握り体験」を体験させていただいた後、この事業のキーパーソンである梅守志歩さんより「寿司握り体験」事業やハラール事業の立ち上げ経緯、そして、インバウンド観光に関する奈良の可能性についてご講演をいただきました。お腹がふくれて眠くなる時間帯であるにもかかわらず、学生たちは一人も居眠りすることなく、梅守さんのお話に聞き入っている様子でした。

梅守本店の皆さま、ご協力ありがとうございました。