学部・大学院文学部・人文学部ニュース

2013年12月26日|文学部ニュース
【日本文化学科】学生と教員による食事会を開催しました

 

突進.JPG

日本文化学科では、例年、前期と後期に1回ずつ、学生と教員が自由に参加する食事会を開催しています。今年の前期は5月にバーベキューで盛り上がりました。寒くなってきた後期は、学生食堂で食事会を催すことになりました。

 

乾杯.JPG

12月13日(金)午後5時30分、学科主任の鷺森教授による乾杯の発声で開始しました。テーブルには寿司やオードブル、おでんなどのご馳走が並び、食欲をそそります。学生たちははりきってテーブルに突進し、それぞれの皿にお目当てのご馳走を確保していました。 

教員から「みんなで話をして親睦を深めるのが第一で、食事は第二」と、からかいまじりの声がかかるほど、皆しばらく食べるのに夢中でしたが、しばらくすると歓談の輪があちらこちらにできていました。

歓談.JPG

今回は特に一年生と四年生の参加が多く、一年生がふだん顔を合わせる機会が少ない四年生から、授業のことや就職のことなどいろいろ教えてもらい、「そうなんだぁ」という納得の表情になっている様子が印象的でした。

おかわり.JPG

 

楽しい雰囲気の中で学生の食欲もさらに旺盛になり、ご馳走を次々追加してくださった食堂の方が、「さっき持ってきたと思ったら、あっという間になくなっている」と感嘆するほどでした。