学部・大学院文学部・人文学部ニュース

2012年06月20日|文学部ニュース
【英語コミュニケーション】通訳ガイド臨地講義で唐招提寺を見学しました。

Guiding Map Kosaka S-2012.JPG6月16日(土)通訳ガイドの臨地講義において学生たちは唐招提寺を見学しました。

担当の小坂教授から英語、日本語により唐招提寺の主要な伽藍と仏像の説明を受けました。金堂では盧舎那仏坐像、千手観音立像、薬師如来立像の詳しい説明に学生たちは真剣に聞き入っていました。

鼓楼ではうちわまきの逸話を小坂教授が話すと学生たちは興味津津でした。

さらに、礼堂、東室、宝蔵、経蔵、講堂と回り、鑑真和上坐像が納められている御影堂を見学し、鑑真和上御廟を回って最後に戒壇に移動しました。

学生たちは各伽藍や仏像の説明を真剣に小坂教授から聞いていました。

当日はあいにくの雨模様でしたが、唐招提寺の新緑がまぶしいほどに映えていました。

門のところで英語の説明を受ける

門のところで英語の説明を受ける

大きさに圧倒された様子の学生たち

建造物の大きさに圧倒された様子の学生たち

雨の中、説明に真剣に耳を傾ける学生たち

雨の中、説明に真剣に耳を傾ける学生たち

説明する小坂教授

さらに詳しい説明を受ける