学部・大学院文学部・人文学部ニュース

2012年05月29日|文学部ニュース
英語コミュニケーション学科「USJ学外実習2012」実施

 

 

5月19日(土)に、引率教員3名と学生27名で、「USJ学外実習:ダンハム先生と行くUSJ校外学習」を実施しました。当日は幸い雲一つない快晴で、9時にJRユニバーサルスタジオ駅に集合後入園し、午前中学科主任のダンハム先生から、USJ内にある様々な建物やサインを通して、英語でアメリカ文化についての解説を受けました。学生に配布されたUSJスタジオガイドも勿論英語版です!

 

 

USJは、まさにアメリカ文化の縮図。そこにあるサインの数々は、アメリカで実際に見かけるものばかりです。パーキングメーターには、ニッケル(5セント硬貨、ダンハム先生のネイティブ発音では「ねこ」と聞こえましたね)ダイム(10セント硬貨)、クオーター(25セント硬貨)を入れて、スイッチを回すと駐車可能な時間が表示されます。授業で聞いてはいても、実際に見て実感することが大切です。ストリートの名前や制限速度(単位はマイルで約1.6倍するとキロになる)、そして様々な各種交通標識に習熟して、将来は自分たちがアメリカをドライブしている姿もイメージできたでしょうか。 

 

建物にも、ニューヨークスタイルやカリフォルニアスタイルなどの違いがあり、古い時代のものから最新のものまでが混在している中、それらをひとつひとつ丁寧に説明してもらうことで、USJをまさにアメリカの大博物館としても活用できることに気づきました。 

 

通り過ぎていくキャラクター達のパレードや、ストリートで行われていた数々の時代を象徴するパフォーマンスが、本物のアメリカの雰囲気を醸し出している中、学生達は学外実習ならではの体験を心から楽しんでいるようでした。 

そして、午前の実習終了後、午後は自由行動です。学生達は園内をさらに満喫すべく、各自で思い思いに計画したプランを胸に抱きながら、それぞれの求めるファンタジーの世界へと元気いっぱいに出かけて行きました。ダンハム先生のサジェスチョン(夕刻のイルミネーションの中を皆で辿った順路を再確認してみる)にもあったように、また新たなアメリカ文化の一面と出会った人も多かったのではないでしょうか。 

では、皆さんの様々な体験談や報告を楽しみにしています!

 

What does this sign mean? (この表示はどういう意味?)

What does this sign mean? (この表示はどういう意味?)

Let's look at the English map. (英語の地図を確認してみよう)

Let's look at the English map. (英語の地図を確認してみよう)

That's a good question! Here's the answer. (質疑応答も活発に)

That's a good question! Here's the answer. (質疑応答も活発に)

The tour ends at the U.S. post box. (アメリカ風のポストのところでツアーは終了)

The tour ends at the U.S. post box. (アメリカ風のポストのところでツアーは終了)