学部・大学院文学部・人文学部ニュース

2012年04月19日|文学部ニュース
【英語コミュニケーション】新入生対象「自己の探求」プログラム実施

4月2日(月)、3日(火)の両日にわたって、新入生のための特別オリエンテーションが開催されました。今年度も昨年度に引き続き、このような研修の専門機関であるラーニング・バリュー社の「自己の探求」というプログラムが導入され、新入生と各教員に加え、昨年度このプログラムに参加した新2年生のリーダー4名が一緒になって2日間の集中プログラムに参加しました。

「まほろば(大ホール)」で一緒にランチを楽しんだ後、新入生が2つのクラスに分かれ、それぞれのファシリテーターの担当するクラス毎に、さらに6~7人単位のグループをつくって、少人数での集中的なプログラムに参加しました。「総当たりインタビュー」「記者会見」「価値観の交流」「イメージ交換」「情報に基づく地図作成」などをテーマとして様々な活動を行う中、学生同士の和やかでかつ刺激的な相互交流が進み、これまで無意識的であった自分自身の考え方やコミュニケーションの取り方が無理なく意識化されていきます。たとえば、宇宙での遭難を仮定し、何とか避難場所へとたどり着くためには何がより必要かを議論する活動では、その所持品の重要度に順番をつけて、各人の違いを話し合うといった経験を通して、皆の無意識的な価値観が表出し、それらについて真剣に考える良い契機となりました。さらに2日目のプログラムの最後には、各メンバーがグループ全員に一人ずつ、それぞれの良い点とこれからのその人の変化の可能性について、メッセージを作成して届けました。このような2日間の密度の濃い活動を通して、学生達は自己理解のためのよいヒントを得るとともに、今後の学生生活へと向けて、よい友達作りの輪を広げていきました。

2年生のリーダーたちも、大変おしゃれな自己紹介や教員紹介を作成、配布してくれ、積極的に新入生の中に入ってプログラムを盛り上げてくれました。まさに新入生たちのよきお手本として、1年間の成長を皆に実感させてくれました。

これからの学生達の実り多い大学生活を心より応援しています!

チームづくりを実践

Practicing team building. (チームづくりを実践)

黒板に描かれた学びのスタイルの絵を見る学生達

Looking at learning styles. (学びのスタイルの図を見る学生たち)

インタビュースキルを磨く

Practicing interviewing skills. (インタビュースキルを磨く)

カードからのヒントをもとにチームで地図作り

Making a map in teams, from hints on cards. (カードからのヒントをもとにチームで地図作り)