学部・大学院文学部・人文学部ニュース

2011年07月14日|文学部ニュース
英語コミュニケーション学科:1年生が 「TOEIC」Bridgeテストを受験しました。

7月1日に、英語コミュニケーション学科1年生全員が受験する「TOEIC」Bridgeテストを実施しました。1年生は毎年「TOEIC」Bridgeテストを7月に受験します。今年から、そのテストは基礎演習時間ですることになりました。テストは学科負担です。

2・3年生は「TOEIC」IPテストを毎年受験します。「TOEIC」は英語の能力を計る試験であり、就職活動にも役立ちます。その為、英語コミュニケーション学科は学生にこの試験を受けさせる制度を設けています。「TOEIC」BridgeはIPテストよりも難易度が低いので、1年生がBridgeを、2・3年生がIPを受験します。

英語コミュニケーション学科では、学生に「TOEIC」試験を受けさせるだけで なく、平常カリキュラムに「TOEIC」の科目(入門~Advanced)があり、資格問題集等を備えた英語共同研究室を利用して、 スコアアップのために勉強します。

西川教授の監督のもと受験する学生

Students takng TOEIC Bridge with Professor Nishikawa watching. (西川教授の監督のもと受験する学生)

答案を回収する先生

Teachers collecting the tests. (答案を回収する)

試験問題を回収する先生

Teachers collecting the test booklets. (試験問題を回収する)

試験終了後、退室する準備をする学生

After the test, students are ready to go. (試験終了後、退室する準備をする学生)