学部・大学院文学部・人文学部ニュース

2011年07月11日|文学部ニュース
【日本文化学科】学外実習で浮世絵コレクション展と京菓子資料館に行きました

 

7月9日(土)、学外実習の一環として、学生14名と教員1名で京都の相国寺承天閣美術館と京菓子資料館に行きました。

 

今出川駅に集合し、京都御所と冷泉家を見ながら、相国寺へ。承天閣美術館は相国寺の中にあり、とても静かな雰囲気で、ハンブルク浮世絵コレクションの選りすぐりの名品を見ることができました。

学生たちは、浮世絵に関するクイズを載せたワークシートに取り組みながら、じっくりと鑑賞していました。教員からの「この展示の中で一枚もらえるとしたら、どれを選びますか」という質問に、あれこれ迷いながら、それぞれ一枚ずつ選び、選んだ理由を記入しました。浮世絵を身近に楽しんでいた江戸時代の人々の感覚を少し味わったようです。

そして昼食後は、京菓子資料館へ行きました。常設展で和菓子の歴史を学んでから、お茶席を体験します。お茶の作法やお道具についても丁寧に解説していただきながら、学生たちは神妙な面持ちで、和菓子とお茶を楽しみました。

今回訪れた浮世絵コレクション展

今回訪れた浮世絵コレクション展

京菓子資料館にてお茶をいただく

京菓子資料館にてお茶をいただく