学部・大学院|文学部 日本文化学科

ホーム の中の 学部・大学院 の中の 文学部 の中の 日本文化学科 の中の卒業研究

本文印刷



卒業研究

日本文化学科では、4年間の集大成として卒業論文の提出を課しています。卒業論文のテーマは、興味・関心のある内容について、教員の指導を受けながら各自で決めます。3年次に大まかな研究テーマの方向性を見つけ、4年次から執筆を始めます。11月の中旬から下旬に中間発表があり、1月下旬に各指導教員に卒業論文を提出します。

平成27年度 卒業論文題目はこちら

平成28年度 卒業論文題目はこちら


ピックアップ卒業論文 2013年3月卒業 人文学部日本文化学科4年 山根萌子さん

空想美術館「梅花」

私は、美術館や博物館によく足を運ぶのですが、その時にこの展示は見やすいなとか、私ならこの絵を先に持ってくるなという風に、自分の中で展示を組み立てていることに気が付きました。そこで、社会の多様なニーズに対応し、人々の生活にとって身近な存在である美術館や博物館で、自分でも展示を計画してみたいと思い、卒業研究で自分が好きな「花」をテーマに架空の美術館で展示を行うことにしました。

詳細はこちら

人文学部日本文化学科4年 山根萌子さん



ピックアップ卒業論文 2013年3月卒業 人文学部日本文化学科4年 東佐古由紀さん

「源氏物語のダイジェスト化」

私は、3年生の時から清水婦久子先生のゼミで、『十帖源氏』の翻刻を共同研究として行っていました。そこで、研究を進めるうちに、五十四巻もの長い本文を、十巻という短いものにして、本当の意味は通じているのか、という疑問が浮かび、また、『十帖源氏』の現代語訳は、まだされたことがないということを知り、「せっかく訳を作るのなら、自分で分かりやすい文章を作りたい」と思ったことが、『十帖源氏』をテーマに卒業論文を書こうと思ったきっかけです。

詳細はこちら

人文学部日本文化学科4年 東佐古由紀さん



このページの先頭へ
人と人、人と社会、今と未来を結ぶ絆 KIZUNA