学部・大学院|文学部 日本文化学科

ホーム の中の 学部・大学院 の中の 文学部 の中の 日本文化学科 の中の 履修モデル・カリキュラム の中の 文学コース の中の 印刷・出版関係の仕事をしたい人

本文印刷


履修モデル・カリキュラム

印刷・出版関係の仕事をしたい人

目標とする進路

  • 出版会社
  • 印刷会社
  • 広報関係の仕事
  • 編集者

主として出版や印刷といった、“文字とかかわる”仕事です。低学年では、正しい日本語の習得を目標に、日本語や文学の講義を中心に学びます。“学外実習”で色々な場所を訪ねたり、“奈良学”で奈良のことを深く学んだり、幅広い知識も身につけましょう。高学年では文章能力やコミュニケーション能力の向上を目指し、さらに美術などにも興味をもって、文字以外での“表現”についても学びます。

1年目 日本語の基礎を身につけながら、広く興味を持って色々なものを見てみよう

文学や日本語の基礎的な知識を学習し、正しい日本語を身につけていきます。話題の豊富な人も求められる仕事ですから、「学外実習」などに積極的に参加し、広い視野を持つように心がけます。通学の電車の中など、余暇を利用しての読書もおすすめです。英語以外の語学にチャレンジし、コミュニケーション能力を高めるのも大事なことです。

()内は単位数

教養科目
  • 文化と人間A(世界の文芸)(2)
  • 文化と人間B(世界の芸術)(2)
  • 文化と人間C(哲学)(2)
  • 情報基礎A(2) 【8】
外国語科目
  • 英語(読解)(2)
  • ハングルⅠ(2) 【4】
専門科目
  • 基礎演習A/B(4)
  • 日本文学概論A/B(4)
  • 奈良学A/B(4)
  • 学外実習(2)
  • 日本語文法入門A/B(4)
  • 日本文学史1A(古典文学)/1B(古典文学)(4) 【22】
合計単位数 34

【】内は必要単位数

2年目 読む、話す、書くことに積極的に取り組もう

文学講読や日本語の講義を通じて、さらに深く日本語の表現を学び、その上で、自分の考えをしっかりと表現できる力を養いましょう。マスコミや人権論を履修しておくことも大切なことです。文学関係の科目を履修してできるだけ多くの作品に接するよう心がけましょう。

()内は単位数

教養科目
  • 社会と人間B(マスコミ)(2)
  • 人権論A/B(4)
  • 情報基礎B(2) 【8】
外国語科目
  • 英語基礎(2)
  • ハングルⅡ(2) 【4】
専門科目
  • 文献演習A/B(文学講読)(4)
  • 日本文化史概論(2)
  • 芸能史A/B(4)
  • 日本語概説A/B(4)
  • 文章表現実習A/B(4)
  • 日本文学特講1A(平安文学)/1B(平安文学)(4) 【22】
合計単位数 34

【】内は必要単位数

3年目 自分の興味をとことん追求しよう

ゼミナールⅠがスタートします。日本語や文学作品をテーマに、“卒業研究”を見据えて資料を集め、問題点を整理しましょう。毎日、新聞に目を通すことを心がけ、読書を通して、色々な文章の表現法を学ぶことも大切です。余力があれば“司書”の資格取得にチャレンジしてみるのもよいでしょう。

()内は単位数

教養科目
  • 社会と人間A(心理)(2)
  • 自然と人間B(環境)(2)
  • スポーツ科学B(1) 【5】
外国語科目
  • ハングルⅢ(2) 【2】
専門科目
  • ゼミナールⅠ(4)
  • 民俗芸能A/B(4)
  • 近・現代の美術A/B(4)
  • 日本語表現論A/B(4)
  • 日本文学史2A(近現代文学)/B(4)
  • 日本文学特講3A(近現代文学2)/B(4)
  • 漢文概説(2) 【26】
合計単位数 33

【】内は必要単位数

4年目 悔いのない就職活動と自らの“研究”の取りまとめを

就職活動が本格的にスタートします。キャリアセンターを活用して、まず自分の希望する業界について十分に研究し目標を定めましょう。ゼミもいよいよ最終段階。悔いの残らない“卒業研究”が完成できるよう、就職活動との時間の配分に留意して進めていきましょう。歴史や漢文、古文書といった科目にもチャレンジしてみてください。

()内は単位数

教養科目
  • 社会と人間C(現代社会)(2)
外国語科目
  • ハングルⅣ(2) 【2】
専門科目
  • ゼミナールⅡ(卒業研究)(4)
  • 近世史A/B(4)
  • 日本文学研究1/2(4)
  • 日本語史A/B(4)
  • 漢文研究(2)
  • 表現文法論A/B(4) 【22】
合計単位数 26

【】内は必要単位数

他の履修モデルを見る

  • 卒業研究
  • 体験型授業学外実習
  • 入試情報サイト

お問い合わせについて

メールでのお問い合わせはこちら

  • お問い合わせ先一覧

資料のご請求はこちら

  • 資料請求
  • 交通アクセス


学部

大学院


このページの先頭へ
人と人、人と社会、今と未来を結ぶ絆 KIZUNA