学部・大学院|文学部 日本文化学科

ホーム の中の 学部・大学院 の中の 文学部 の中の 日本文化学科 の中の 履修モデル・カリキュラム の中の 歴史・文化財コース の中の 文化財に関わる仕事につきたい人

本文印刷


履修モデル・カリキュラム

文化財に関わる仕事につきたい人

目標とする進路

  • 博物館学芸員・職員
  • 美術館学芸員・職員
  • 文化財関係の技師
  • 展覧会企画
  • 美術品輸送
  • 古美術商 など

“学芸員”資格を取得して、博物館・美術館の専門職員である学芸員として、展覧会の企画や展示に携わったり、都道府県や市町村の教育員会等で文化財関係の技師として発掘調査等を行ったりする仕事です。最近では民間の展示企画会社や美術品輸送の仕事につくためにこの資格が必要となる場合もあります。低学年では、歴史や考古学・美術といった文化財の基礎知識を中心に、とくに文化財の宝庫である“奈良”を教材にして学び、高学年では、文化財や遺跡について具体的に学習します。公立の博物館や美術館をめざすには、公務員試験に向けた対策も必要です。

1年目 歴史ある“奈良”を自分のものにしよう

日本の歴史や地理に関する基礎知識をしっかり学び、教養科目や外国語科目を積極的に履修して、広い知識を身につけましょう。教科書にのっているような奈良の有名な遺跡・文化財を実際に見ておくことも大事なことです。“学外実習”に参加して、記録をノートにまとめ、写真も撮っておくと将来きっと役立ちます。

()内は単位数

教養科目
  • 文化と人間A(世界の文芸)(2)
  • 文化と人間B(世界の芸術)(2)
  • 社会と人間B(マスコミ)(2)
  • 情報基礎A(2) 【8】
外国語科目
  • 英語(総合)(2)
  • 英語(読解)(2) 【4】
専門科目
  • 基礎演習A/B(4)
  • 奈良学A/B(4)
  • 学外実習(2)
  • 日本美術史概論(2)
  • 日本文学概論A/B(4)
  • 日本考古学概論(2)
  • 日本民俗学概論(2)
  • 日本文化史概論(2) 【22】
合計単位数 34【34】

【】内は必要単位数

2年目 考古学や美術史、民俗学について詳しく学ぼう

専門科目の多くが履修できるようになります。まずは歴史や文化財について、基礎的な知識の習得に努めてください。もちろん自分の興味ある分野は、さらに専門的に学べるよう履修を組み立ててください。学芸員資格課程の科目の履修もはじまります。問題意識をもって学習に臨むことが大切です。時間があれば、色々な博物館や美術館を訪ねてみましょう。

()内は単位数

教養科目
  • 自然と人間C(現代科学)(2)
  • 人権論A(2)
  • スポーツ科学A/B(2) 【6】
外国語科目
  • 英語(コミュニケーション)(2)
  • ハングルⅠ(2) 【4】
専門科目
  • 文献演習C/D(4)
  • 日本史概論A/B(4)
  • 考古学A/B(4)
  • 考古学A/B(4)
  • 民俗学概論A/B(4)
  • 日本語概説A/B(4)
  • 博物館教育論(2)
  • 生涯学習概論(2)
  • 博物館情報・メディア論(2) 【30】
合計単位数 40【34】

【】内は必要単位数

3年目 ゼミナールに所属し、自分の興味を深めることが学芸員には必須です

“ゼミナールⅠ”がスタートします。歴史・考古学・民俗学・美術史のうち、自分が最も興味のある分野を選び、“卒業研究”を見据えて現地調査や資料集めを開始します。“学芸員”は博物館の専門職員ですから、自分の専門知識を深めておくことはもちろん、幅広い知識を身につけていることが大切です。就職活動も心配になってくる時期です。キャリアセンターを有効に利用して不安を取り除き、目標をしっかり持って計画的に進みましょう。

()内は単位数

教養科目
  • 文化と人間C(哲学)(2) 【2】
外国語科目
  • ハングルⅡ(2) 【2】
専門科目
  • ゼミナールⅠ(4)
  • 考古学実習A/B(4)
  • 古代史A/B(4)
  • 中世史A/B(4)
  • 古代の美術A/B(4)
  • 中・近世の美術A/B(4)
  • 日本語表現論A/B(4)
  • 文章表現実習A(基礎)/B(応用)(4)
  • 博物館概論(2)
  • 博物館資料論(2)
  • 博物館経営論(2)
  • 博物館資料保存論(2)
  • 博物館展示論(2) 【38】
合計単位数 40【34】

【】内は必要単位数

4年目 自らの“研究”の取りまとめと、学芸員を目指して

就職活動が本格的にスタートします。公立博物館・美術館の職員や、教育委員会の技師などを目指す人は、公務員試験の対策も必要です。文化財に関わる仕事は博物館学芸員ばかりではありませんから、キャリアセンターを活用して、他の業界についても研究してください。“卒業研究”もいよいよ最終段階。あとで悔いの残らないよう、就職活動との時間の配分に留意してください。夏休みには附属博物館での“博物館実習”を受講します。

()内は単位数

教養科目
  • 社会と人間C(現代社会)(2) 【2】
外国語科目
  • ハングルⅢ(2) 【2】
専門科目
  • ゼミナールⅡ(卒業研究)(4)
  • 古文書実習(2)
  • 民俗学実習A/B(4)
  • 近・現代の美術A/B(4)
  • 日本史研究(2)
  • 東洋の美術A/B(4)
  • 仏教文化論(2)
  • 中世史A/B(4)
  • 民俗宗教A/B(4)
  • 博物館実習Ⅰ(2)
  • 博物館実習Ⅱ(1) 【33】
合計単位数 37【34】

【】内は必要単位数

他の履修モデルを見る

  • 卒業研究
  • 体験型授業学外実習
  • 入試情報サイト

お問い合わせについて

メールでのお問い合わせはこちら

  • お問い合わせ先一覧

資料のご請求はこちら

  • 資料請求
  • 交通アクセス


学部

大学院


このページの先頭へ
人と人、人と社会、今と未来を結ぶ絆 KIZUNA